ソロ活@自由人BLOG

AI時代のライフハック辞典

副業と転職どっちがいい?メリットデメリットと迷ったときの解決法!

※本ページはプロモーションが含まれています。

(詳細を表示する▼)
この記事はPR広告、プロモーションを含む記事です。「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
※景品表示法が規制する「広告と知らずに読者がクリックすること」を防ぐために、明確な表記をしております。ご了承ください。


また消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないように、最善の配慮しております。事実を誤認させる表現を避け、虚偽の記載をしません。事実や実体験に基づいた、誠実なコンテンツ製作をしております。
ご安心ください。


万が一問題のある表現がございましたら、お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

副業を始めるか
それとも転職か
迷って決められない...

給料が上がる気配がサッパリありません。収入を増やすために、何かをしなければ!と感じてる人は多いと思います。

とは言え転職となると、かなりの勇気が必要です。じゃあ、とりあえず副業と思っても、忙しくて時間ばかりが過ぎていく...。

どうしたらいいのか決められずに、途方に暮れている人も多いのではありませんか?

こんなあなたに!

✔副業と転職は、どっちを選ぶべき?

✔副業と転職の違いは何?

✔副業と転職のメリット&デメリットは?

✔結局どうしたらいいの?

このような悩みを全面解決します。

 

まずは副業と転職、それぞれのメリットとデメリットを、正確につかんでください。

あなたが大切な人生の決断ができるよう、全力でサポートしたいと思います。

決断の時だよ!

 

副業と転職どっちがいいの?迷ったときの解決方法

副業と転職どっちがいいの?

副業と転職

結論:副業と転職どっちを選ぶかは、理想の未来を描いてから決めましょう。

理想と現実は
違うのよ!

もちろん、分かってます。

それでも理想がなければ、何かを決断することはできません。

なぜなら理想とは、職業キャリアのゴールであり、人生の目標でもあるのです。

目標が見えた時に初めて、やるべき行動が見えます。副業と転職を選ぶ決断をするためには、理想の未来が見えていることが大前提なのです。

 

くり返します。

結論:副業と転職どっちを選ぶかは、理想の未来を描いてから決めましょう。

 

キャリアプランにおける大きな分岐点である、「副業」か「転職」かの選択は、決して簡単ではありません。どちらを選んでも、それぞれにメリットやデメリットがあります。

理想の未来を正しく描くためには、副業と転職を、もっと深く知ることです。

まずは副業と転職を、しっかりと比較しましょう。迷ったときにどう解決策を見出すのか、そのヒントを探ります。

副業の概要

副業とは、本業をしながら、本業以外にする仕事のことです。目的は主に、収入を補ったりキャリアアップのために行われます。

副業のメリットとしては、安定した本業の収入を保ちつつ、追加収入を得ることが可能である点です。

また異なる職種や業界での経験を積み、スキルアップが望める点が挙げられます。

一方でデメリットとしては、仕事の時間が増える点です。プライベートの時間が削られやすく、本業と副業の両立による体力的・精神的な負担が大きくなります。

また、会社によっては副業を認めていない場合もあり、社内規定のチェックが必要です。

副業を選ぶ際には、本業への影響を最小限に抑えることに注意しましょう。

転職の概要

転職活動とは、現在の職場を退職し、別の企業や業界へ移ることです。

新たな職場では、経験やスキルを活かし、キャリアアップが期待できます。職務内容や待遇の向上も目指せます。

特に、現在の職種や業界に見切りをつけ、目指す道がはっきりしている場合には転職が有効です。

ただし、新たな環境への変化や未知の仕事への挑戦は、大きなリスクを伴います。

また、転職市場での自己PRや条件交渉など、転職には準備と労力が必要です。

失敗しない転職を目指すためには、市場の動向を把握し、自己分析を徹底することが重要となります。 

現状分析:自身のキャリアを見極める

副業と転職
どっちにしよう?
悩むよ...

悩む気持ちは、よく分かります。でも、あせったところで、良い判断から遠くなっていくだけ。冷静になることです。

副業を選ぶか転職を選ぶかを決める前に、あなたのキャリアにどのような可能性があるのか?を真剣に分析する必要があります。

具体的には?

*あなたのキャリアを分析しよう*
✔今の職場での成果と将来性
✔持っているスキルセットの市場価値
✔伸ばしたいスキルとやりたい仕事

上記の3点を、まずは自己分析してください。あなたの現在位置を、正確につかむのです。希望や願望だけではなく、客観的に自分を見る必要があります。

そして将来について深く考えることです。

副業を通じてスキルの幅を広げるのか、転職をして新しいフィールドで経験を積むのかの選択が可能になります。

キャリアの転機には、自分自身の振り返りと将来設計が不可欠です。

求めるライフスタイルと仕事のバランス

挑戦したいけど
プライベートも大事!

副業でも転職でも、あなたが目指すライフスタイルから、かけ離れた仕事を選んではいけません。自分時間を犠牲にしたキャリアは、いずれ崩壊する運命にあります。無理をしてはダメです。

仕事だけではなく、生活全体の満足度を高めることが大切です。たとえ高収入の副業ができても、プライベートの時間を犠牲にしては、不幸になるだけ。

同じように、転職による給料の上昇やキャリアアップも、結果として生活の質が下がるかも知れません。お金の問題ではないのです、人生は。

自分にとってベストな仕事と、ライフスタイルのバランスを見極める必要があります。

*仕事と生活のバランス重視*
✔ライフスタイルと仕事のバランスを重視しよう

あなたの価値観に合った選択をすることが、幸せな人生への近道なのです。

経済的要因:収入と生活コストの比較

そうは言っても
お金は大事だよ!

そりゃそうです。生活が成り立たなければ、スキルもキャリアも絵空事に過ぎません。

生活できる最低限の収入があって初めて、ライフスタイルや未来が語れます。まずは金。間違いありません。

経済的な側面は、無視できない重要事項です。副収入や給料アップが見込める副業や転職の選択肢も魅力的ですが、生活コストとのバランスを考えることが必須でしょう。

生活水準を維持しつつ、余裕を持てる収入を確保できることも、重要な判断材料です。

副業で得られる収入と、必要な時間や労力が、コスパに見合うかどうかを考えてください。転職が成功した時の給料アップと、移動や新生活のコストを見比べるのが大事です。

*経済的要因*
✔収入と生活コストのバランスを考えよう

最終的な手取りと生活費のバランスが取れているか、しっかりと見極めましょう。

市場価値:スキルと経験の最大化

やりたいことを
好きなように
やればいいんじゃない?

たしかに間違ってはいません。やりたいことをやるのが、最も効率的にスキルアップできる方法だからです。好きだから練習したり勉強するし、結果も出やすいのは事実でしょう。

ただし、最終的な重要ポイントは、自分の市場価値をどう高めていくかです。どれほど優れたスキルも、ニーズがなければ無価値と同然。意味がありません。

副業や本業の世界で、必要とされる能力があることが大前提なのです。

副業を選択すれば、本業とは異なる新たな分野で、スキルセットを拡張できます。より多様な経験を積むことができるのです。その結果、職業市場における自分の価値を向上させることができます。

転職の場合は、より専門的なスキルや知識を深めることができます。努力次第では、特定の業界における専門家として重宝される可能性だってあるのです。

*あなたの市場価値*
✔自分自身の職業市場での価値を最大化しよう

いずれの場合も、あなたのスキルや経験が市場でどう評価されるかが、将来のキャリアに大きな影響を与えるでしょう。

副業を選ぶ場合のメリット

副業をする男性

副業には、実に多くのメリットがあります。一方で、どの仕事を選ぶかは、個人の価値観によって大きく変わるのです。

ここで触れる副業のメリットは、経済的な側面はもちろん、自己成長や働き方に革命をもたらす可能性を秘めています。

*副業を選ぶ場合のメリット*

①収入向上のチャンス

②スキルセットの拡充

③キャリアの多様性

④柔軟な働き方

⑤リスク分散と安定化

副業を選ぶメリットの要点を、掘り下げて見ていきましょう。

①収入向上のチャンス

最もハッキり分かるメリットは、収入の増加です。本業に加えて副業をすることで、月々の収入を増やすことが可能になります。

ほとんどの人は
お金が目的だよ!

どんなにカッコつけても、結局はお金でしょう。事実は事実として、受け止めるべきです。

副収入は、生活の質を上げるために、すぐに使うことができます。場合によっては、将来の貯蓄や投資に回すなど、財政面での自由度を与えてくれるのです。

また、収入が増えれば生活面の安心感も高まり、精神的にも余裕が生まれるでしょう。

ただし、副業からの収入は確定申告が必要です。金額が少ないからと言って、納税義務がなくなるワケではありません。ご注意ください。

②スキルセットの拡充

副業は転職に比べて、新たな技術や知識の習得に繋がりやすいと言えます。本業と違う業界で働くことで、多様なスキルや視点が身につくのです。

未知の分野での経験は、個人の専門性を高めるだけでなく、異なる業界での思考法や解決策を学ぶことにもなります。

本業にポジティブな影響を与える可能性が高く、キャリアの幅を広げる効果も期待できるのです。

仕事が楽しくなりそう!

また、スキルセットが拡充されることは、市場価値の向上にも繋がります。新しい技術を身に付けることで、仕事の選択肢が増え、転職や昇進に有利になるでしょう。

③キャリアの多様性

副業では、本当にやりたいことに挑戦する機会があります。本業だけでは、とても経験できないことや、新たな知見を積むことができるのです。普通に働くだけでも、キャリアの選択肢を広げられます。

デザインの仕事
ずっと興味あったの!

チャレンジする機会がなかった人にとっては、一歩を踏み出す最高のタイミングだと言えます。

また、あなたの強みや興味を再発見するチャンスです。様々な仕事を経験することによって、本業の職場での仕事に、よいヒントを得られるかも知れません。新たな分野での活躍につながることもあります。

将来的には、副業が本業に変わる可能性も無いとは言えません。働き方を大きく変えるキッカケにもなり得るのです。

④柔軟な働き方

副業を通じて、働き方の柔軟性を手に入れることができます。在宅ワークやリモートワークが多く、場所を選ばずに仕事ができるようになる可能性が高いです。

時間に縛られずに、好きな時に仕事をすることができると、ライフスタイルに合わせた仕事が実現します。ライフワークバランスも見つめ直す、絶好の機会になるでしょう。

お家で仕事するのが
ずっと夢だったの!

そんな人も少なくないはずです。

また、ある程度自由に仕事量を調整できます。多忙な時期にはペースを落として、余暇を楽しむことも可能です。

このような柔軟性が、自分らしいワークライフバランスを作る、よいキッカケとなるでしょう。

⑤リスク分散と安定化

一つの収入源に依存すると、経済的なリスクになる場合があります。

副業をすることで、万が一本業の収入が無くなっても、生活への影響を最小限に抑えられます。定期的な副収入は、経済的な安定をもたらすでしょう。

子育てや介護中でも
副業なら可能かも?

不測の事態が生じた際の、心理的な安心感にもつながります。

複数の収入源は、あなたの生活不安や収入の不安定さを減らし、安定した未来への投資となり得るのです。

不安定な経済状況の中で、リスクの分散は、より大きな意味を持つことでしょう。

副業を選ぶ場合のデメリット

副業を選んだ男

副業がもたらすメリットは、非常に魅力的なものばかりです。

一方では、無視できないデメリットも存在します。

*副業を選ぶ場合のデメリット*

①時間管理の難しさ

②ワークライフバランスの崩壊

③本業への影響

④法的・契約上のリスク

⑤心身の負担増加

デメリットから目を背けることなく、バランスを取ることが大事です。賢く副業をすることで、多くのメリットの恩恵に預かることができるでしょう。

①時間管理の難しさ

副業を始めると、時間の管理が複雑になります。本業と副業の両方に対して、時間を確保しなければなりません。

時には、プライベートの時間を犠牲にしなければならない時もあります。

それはヤダな...

限られた時間の中で、質の高い仕事をするためには、高い集中力が求められるのです。ただでさえ本業で疲れているのに、さらに疲弊してしまうリスクがあります。

また、仕事とプライベートの境界が曖昧になりがちです。燃え尽き症候群や精神疾患のリスクもあります。

あっと言う間にストレスがたまることが多いので、時間管理は大切なポイントです。

②ワークライフバランスの崩壊

時間管理の難しさに直結するのが、ワークライフバランスの崩壊です。

毎日の仕事に追われるあまり、リフレッシュの時間が取れません。趣味や家族との時間などが犠牲になりがちです。

プライベートを削ってまで副業することは、長期的にみた場合、生活の質が低下するかもしれません。

仕事の満足度は高まっても、幸せな人生に直結しない事があります。

不幸になるってこと?
いやよ...

③本業への影響

副業は、少なからず本業に影響を与えます。

副業する時間が増えれば、本業に割ける時間やエネルギーは、必然的に減るでしょう。疲れがたまって、本業のパフォーマンスに影響を及ぼすことがよくあるのです。

そりゃそうよ
休む時間ないもん...

また、会社の規則で副業が禁止されている場合があります。無視して副業をすると、職場での信頼を失い、懲戒の対象になる可能性もあるのです。

自己管理が徹底されていないと、副業が本業のキャリアに悪影響を及ぼす恐れがあります。

④法的・契約上のリスク

副業を始めるなら、法律や契約のチェックが不可欠です。

特に、雇用契約で副業が禁止されている場合は要注意。無視して副業すると、法的なトラブルに巻き込まれる原因となります。

また、独立して仕事をする際には、税金の申告などの法的責任が生じます。正しい知識と対策が必須です。

どうにかなるさ~

で始めると、どうにもならなくなって罰則がオチ。法令遵守ができてない副業は、重大な結果を招くことになるでしょう。

⑤心身の負担増加

副業は、身体的にも精神的にも大きな負荷が掛かります。本業の責任に、副業のプレッシャーが加わるのです。ストレスが倍増し、疲労たまりやすくなります。

休息が取れないと、高確率で健康を害するでしょう。結果、仕事の効率や生活の質が、さらに低下するかも知れません。

副業ツラいよ...

副業への健康的な取り組みは、十分な休養とバランスの取れた生活を確保することから始まります。

転職を選ぶ場合のメリット

転職を選んだ女

転職は新たなスタートを切る絶好の機会です。

自己実現のため、より良い労働条件を求めることができます。スキルや才能を生かす場所を見つけるために、現状からの変化を選ぶ人も少なくありません。

*転職を選ぶ場合のメリット*

①キャリアアップの可能性

②職場環境の改善

③報酬と待遇の向上

④新たな挑戦と学び

⑤職業的満足感

転職を選ぶメリットについて、掘り下げて説明します。

①キャリアアップの可能性

キャリアアップは、転職によって実現できるメリットの一つです。

率直に言って、現職では頭打ちとなっているキャリアの人が、実に多くいます。新たな組織なら、大きく飛躍できるチャンスがあるはずです。

環境が人を変える!

新しい職場で、異なるビジネスモデルや業務プロセスに触れることで、才能が開花する人もいます。結果としてスキルセットが拡大し、これまでとは違った実績を築くことが可能です。

プロジェクトリーダーや管理職など、明確なキャリアプランを描くには最適な環境かもしれません。

②職場環境の改善

転職を通じて、働く環境を大きく改善することができます。人間関係のトラブル、過度なストレス、不満に思っている企業文化などを変えることが可能です。

新たな職場環境の中で、自分に合った仕事のやり方を見つけることができるでしょう。

心機一転できる!

柔軟な働き方や福利厚生が充実した会社を選べば、ワークライフバランスを整え、生活の質を向上させることができます。

③報酬と待遇の向上

転職市場においては、現職よりも高い給与、より良い待遇をしてくれる仕事が探せます。収入アップを目指す人にとっては、転職する大きな動機となるかもしれません。

給与の交渉も、在籍中とは異なり、転職時ならしやすくなります。よって経験やスキルに見合った報酬を、獲得できる可能性があるのです。

また、福利厚生や働き方においても、今の会社より優れた条件を求めることができるでしょう。

④新たな挑戦と学び

転職は、新しい分野や異業種に挑戦する絶好の機会になります。経験を活かしつつも、全く新しい知識やスキルを身につけることができるでしょう。

大きく成長する
絶好のチャンス!

未知の仕事への挑戦は、職業人としての視野を広げます。個人のスキルや人間としての成長も望めるのです。

結果として、将来的にキャリアの選択肢を広げることにもつながります。

⑤職業的満足感

転職をキッカケに、仕事への情熱を取り戻すケースが見られます。あなたの才能や能力を、キチンと評価してくれる場所が見つかるかもしれません。

認められると
やる気がでるよ!

自己実現できる職場で働くことは、職業的満足感を大きく高めます。意識しなくても、モチベーションが上がっていくでしょう。

仕事に誇りが持てる、明確な役割がある環境は、働くことの喜びを再認識させてくれます。

転職を選ぶ場合のデメリット

転職を選ぶ女

転職を選んだ場合、必ずしもポジティブな結果につながるわけではありません。

新しい職場での成功は、誰も保証してくれないのです。多くのリスクも伴います。

転職に潜むデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

*転職を選ぶ場合のデメリット*

①転職リスクと不確実性

②新しい職場の人間関係

③キャリアの中断や遅延

④業界や職種のミスマッチ

⑤転職が繰り返されるリスク

①転職リスクと不確実性

転職して未知の企業で働くことは、不確実なことだらけです。期待していた職務内容や労働環境が、実際と異なる場合もよくあることと言えます。

思ってたのと
全然違う...

事前に聞いていたのとは、まるで違うことも、残念ながら少なくありません。転職によるストレスや不安を感じることも、たびたびあるでしょう。

また、新たな職場で実績を残すまでには、誰であっても時間がかかります。失敗してしまうリスクも否定できません。

安定した現職を離れる決断は、将来に対する不安を、さらに大きくするリスクがあります。

②新しい職場の人間関係

新しい職場では、あなたは新参者に過ぎません。既存のチームや組織に、あなたから溶け込む必要があります。

その過程では、スムーズな人間関係を、ゼロから作る必要があるのです。大きなストレス源になることもあります。

ひとりぼっち...

仕事だけでなく、コミュニケーション能力や変化への適応力が求められるのです。場合によっては、心理的な負担が大きくなる恐れもあるでしょう。

③キャリアの中断や遅延

転職したことで、築いてきたキャリアが中断される場合もあります。特に業種や職種が大きく変わる場合は、一からのスタートが必要です。実績を作るまでに、かなりの時間が掛かることが予想されます。

過去の経験やスキルが活かせない職場だと、キャリアプランが一時的にストップせざるを得ません。残念ながら、キャリアの中断や遅延となり得るのです。

④業界や職種のミスマッチ

希望する業界や職種に転職しても、あなたが適応できるとは限りません。職種の変更で、求められるスキルは変わります。自分の能力が、十分に活かせないことがあるかもしれません。

アタシに合ってない!
失敗した...

なんてことも珍しくありません。

思い切って変えた業界が、自分に全く合わない場合、大きな問題に直面することになります。

⑤転職が繰り返されるリスク

一度で転職が成功すれば、何も問題はありません。ところが、中には転職を繰り返すことで、キャリアにブランクが生じる人もいます。

頻繁な転職は、履歴書上で不利に働くことがあり得るのです。将来的なキャリア構築に、あるいは影響するかもしれません。

いろいろ試してみたい
次に行ってみよう!

本人にとっては前向きな転職でも、安定性を求める企業からは敬遠されるリスクがあります。転職回数が多くなるにつれ、求職者としての魅力が下がることが心配です。

副業か転職か?迷ったときの解決法

仕事選びに悩む女性

キャリアの岐路に立ち、副業を始めるべきか、それとも転職を目指すべきか悩んでいる方も多いはずです。

選択に迷った時、どちらを選ぶべきかを見極めるヒントを解説します。

*副業か転職か迷った時の解決法*

①自己分析して目標設定する

②情報収集とリサーチをする

③プロに相談してフィードバックを受ける

④長期的なビジョンを構築する

⑤リスクを評価して備える

⑥段階的なアクションプランの策定

①自己分析して目標設定する

自己分析は、キャリア選択における重要な第一歩です。あなたの強みや弱みを、客観的に把握しましょう。自分の興味や、エネルギーを注げる分野は何なのか?明確にすることが重要です。

今の自分に欠けているスキルは何か、どんな能力を伸ばしたいのかを整理してください。

まずは自分を知る!

具体的な目標がある場合は、副業で達成可能なのか、それとも転職が必要なのかを検討します。

長短期の目標を設定し、達成に向けた最善の道を進むためには、自己分析は不可欠なプロセスになのです。

*自己分析と目標設定*
✔自分の強みと弱みを客観的に分析
✔超短期の目標を設定する
✔目標達成に最善の道を検討する
②情報収集とリサーチをする

副業や転職に関する情報は膨大で、全てを知ることは困難です。とは言え、業界のトレンドや最新の動向を知るためには、定期的な情報収集は欠かせません。

副業の場合は、法律や税務上の知識も勉強する必要があります。

転職を考える時にも、企業の評判や業界の将来性の研究は必須。求人の質などをリサーチすることで、成功につながりやすくなります。

本当にできるのか?
判断材料を集めよう!

あなたの理想と現実を照らし合わせ、実現する可能性を見極めてください。そのためにも、徹底した情報収集が不可欠です。

*情報収集とリサーチ*
✔業界のトレンド動向を定期的にリサーチ
✔理想と現実を比較し、実現の可能性を評価
③プロに相談してフィードバックを受ける

自分だけの力で適切な答えを出すのは、現実には限界があります。

人生の分岐点での重要な判断なのです。迷うぐらいなら、プロの力を借りるべきです。キャリアコンサルタントや専門家に相談しましょう。客観的なアドバイスを、プロ目線からもらってください。

具体的な事例も
参考になるよ!

また、同じ境遇にある友人や家族、同僚からの意見も貴重です。自分以外の第三者の視点は、思っているよりも有益。簡単にフィードバックしてもらうだけで、自己分析の視野が広がります。

あなたが知らない可能性や、見落としていた気づきをくれるのです。

副業と転職の貴重な判断材料になります。

*相談とフィードバック*
✔プロの専門家に相談する
✔友人や家族からフィードバックをもらう
✔見落としや気づきを得る
◎20代未経験の転職相談なら

UZUZ(ウズウズ)は、理系(主にIT分野)への未経験転職に特化した転職エージェントです。20代の第二就活や転職に豊富な実績を持ち、入社後の6ヶ月定着率は驚異の93%超!

独自の基準でブラック企業を徹底排除し、3,000社以上の優良企業が登録中。完全オーダーメイドの面接対策に定評があり、入社後のサポート体制も万全です!

初めての転職で不安な人や慎重に転職先を決めたい人におすすめです。

》IT分野への未経験転職ならウズウズ

④長期的なビジョンを構築する

職業キャリアを考えるとき、短期的な利益にとらわれてはなりません。ずっと先の未来を見据えて、長期的なビジョンを描くことが大切です。

目の前よりも
ずっと先の未来!

自分が望むライフスタイル。5年後、10年後の自分はどうあるべきか。将来に向けた行動を、正しく選択することが重要です。

副業をすることで、最終的にどうなりたいのか?

転職を選ぶなら、キャリアのゴールは何なのか?

長期的な視点からの計画を立てましょう。

*長期的ビジョンの構築*
✔職業キャリア計画を長期目線で構築
⑤リスクを評価して備える

副業も転職も、リスクを伴う決断です。事前にキチンとリスクを評価し、万が一の事態に備える準備が必須でしょう。

たとえば副業の場合には、本業に影響が出ないよう時間管理を徹底すること。

転職においては、求人の質を確認すること。面接での質問を通じて、企業とのミスマッチを埋めておくこと。

起きてからでは遅い!

どちらを選ぶ場合でも、失業期間の生活費や緊急時の貯金などは想定しておくべきです。慎重に計画を立てることで、いざという時のリスクを減らすことができます。

*リスク評価と備え*
✔考えられるリスクを洗い出す
✔リスクに対して備えておく
⑥段階的なアクションプランの策定

副業を始めるにも、転職を決断するにも、行動計画は欠かせません。ゴールを具体的に設定し、到達するために必要なステップを、細かくリストアップしましょう。

そして各ステップで何をするべきか、どのように時間を割り当てるかを考えるのです。実行可能な計画を立てましょう。

あくまでも
実行できる計画だよ!

計画には柔軟性も重要です。状況の変化に応じて、プランを変更する選択肢も残しておいてください。

*段階的なアクションプラン*
✔明確なゴールを作る
✔達成するための段階的計画を策定
✔変更できる柔軟性も持つ

副業と転職!どうしても決められない時の対処法

副業と転職どっち

副業と転職?
どうしても
決められない...

どうしても決められない人は、副業を試すことをおすすめします。なぜなら、転職よりも、はるかにリスクが低いからです。

そして、新たな才能を発見する場でもあります。さらに副業は、転職活動によって得ることのできる視野の広さや柔軟性を、初めから提供してくれるのです。

どうしても決められない人のために、副業をおすすめする理由は下記。

*副業をおすすめする理由*
副業は本業をしながらできる
✔新たなスキルが身につく
自分自身の可能性が見つかる
✔すぐに始めることが可能
副業は失敗しても得るものがある

副業を試すことで、新たな自分自身の可能性を見つけ出すことができます。

あなたが持つ能力を、更に伸ばすための良い機会にもなるでしょう。

そして上記の要素が、結局は豊かな人生を送るための大きな一歩になるのです。

どんな道を歩くにせよ、踏み出すための強力な後押しになるのは間違いありません。

副業か転職か迷ったときの解決法のまとめ

副業と転職どっち

結論:副業と転職どっちを選ぶかは、理想の未来を描いてから決めましょう。

 

副業と転職、どっちが本当に自分に合った道なのかは、結局は自分自身が見つけ出す必要があります。その選択は、確かに難しいものかもしれません。それでも、理想の未来を正しく描くことで、最善の答えを見つけることは可能なのです。

 

理想が見えれば、やるべき行動が見えます。副業と転職を選ぶ決断には、理想の未来が見えていることが不可欠です。

 

副業と転職は、それぞれ異なる未来をもたらすかも知れません。

理想の自分をデザインすることで、現実のあなたを理想の実現に導いてください。

なりたい自分に
チャレンジしよう!

SDGsロゴマーク

ソロ活@自由人は持続可能な開発目標
(SDGs)を支援しています