ソロ活@自由人BLOG

AI時代のライフハック辞典

ソロ活@自由人BLOGの運営者情報ページです。

運営者情報

ソロ活@自由人 ロゴ

《運営者情報》
運営組織名
ソロ活@自由人
運営組織名(かな)
そろかつじゆうじん
運営責任者
関本 究
設立日
2021年7月15日
活動拠点
埼玉県朝霞市東弁財3-17-16-201
ホームページ
連絡先
事業内容
WEBメディア運営
コンテンツ制作
記事制作の請負受託
主要取引先
Google合同会社
アマゾンジャパン合同会社
株式会社ファンコミュニケーションズ
株式会社オリノス
株式会社もしも
バリューコマース株式会社
株式会社フォーイット
主要取引銀行
りそな銀行
提携企業・メディア

消費者志向自主宣言

当メディアは、消費者志向経営(サステナブル経営)を推進しています。

運営理念

当メディアは、副業やキャリアアップ支援、生活の知恵(ライフハック)の提供などを通じて、ユーザー(消費者)と社会に貢献することを理念に掲げています。

WebサイトやSNSなどを活用し、ユーザー(消費者)の悩みや要望にあった情報提供を行っております。

取組方針

当メディアの取組方針は以下のとおりです。

◎運営者方針

常にユーザー(消費者)と真摯に向き合い、読者や利用者(消費者)の悩みや課題解決を最優先に考えたメディア運営を心がけます。

また、ユーザー(消費者)満足度を向上するために、情報の正確性・最新性の維持に取り組んでいます。

◎コーポレートガバナンスの確保

当メディアは、正確性とコンプライアンス(法令厳守)の確保に努めています。

高い倫理観を持ち、法令等の規制がない場合でも社会の常識から逸脱した行為は決していたしません。

◎消費者への情報提供の充実と双方向の情報交換

当メディアは、ユーザー(消費者)の目線に立ってわかりやすいコンテンツでの情報提供を行います。

また、お問い合わせフォームを設置することで、ユーザー(消費者)の意見収集とフィードバックを実施しています。

◎消費者の要望を踏まえたメディアの制作と改善

ユーザー(消費者)からの意見・要望をもとにメディアの制作・改善を継続的に実施し、より高品質な情報提供ができるよう取り組みます。

食品ロス削減自主宣言

当メディアでは、食品ロスを削減するために以下の取組を行います。

◎フードロスに取り組んでいる企業や店舗の商品販売を積極的に購入します。

◎従業員およびその家族において、食品ロス・ゼロを目指します。

◎食品購入の際は、「てまえどり」実施を徹底します。

◎「フードロス」「てまえどり」に関する情報を積極的にユーザーに提供します。

SDGsへの取り組み

SDGsロゴマーク

img:国連広報センター

SDGsとは

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された世界中の差別・貧困・人権などの問題解決のためにつくられた、『持続可能な開発目標』のことです。

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で定められ、17の目標(ゴール)と169の具体的方策(ターゲット)を設定しています

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)として知られる期限を定めた測定可能な17の目標は、「2030アジェンダ」の中核をなす。169のターゲットと230の指標からなり、人間と地球の「やるべきことのリスト」であり、持続可能な未来のための青写真である。開発目標は、持続可能な開発の社会、経済、環境の側面を統合したもので、互いに独立したものではなく、統合された方法で実施されなければならない。

引用元:持続可能な開発目標 | 国連広報センター

当メディアでのSDGsへの取り組み

ソロ活@自由人では、SDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、以下の目標を掲げて取り組んでいます。

すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を

当サイトでは、高齢者の介護や福祉に関する情報を積極的に取り扱っています。

少子高齢化が進む現代社会におけるシニア世代の孤立化、心身の健康等の諸問題の関連記事を今後も継続して発信します。

当サイトは、厚生労働省が実施する「がん対策推進企業アクション」の賛同パートナーです。責任ある事業者として、がん検診や健康診断の推進に寄与していきます。

質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなに

当メディアでは、生活の知恵や家事の時短術など「ライフハック」の情報を多く発信しています。

情報提供においては、小学生でも理解できる文体で分かりやすく伝えるよう努めています。

子育て世代からシニアまで、生涯学習に役立つ知識を提供することで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を実現しよう

女性が社会で活躍するために役立つ情報を、数多く発信しています。主婦が副業できるノウハウや、子育てしながら社会復帰するハウツーも豊富です。

今後は、より一層のジェンダーレス社会が進むことが予想されます。

当社においても、コンテンツ制作者には女性を積極的に採用しています。

気候変動に具体的な対策を

気候変動に具体的な対策を

従業員及びその家族には、移動手段は徒歩または自転車を推奨しています。また業務においては、極力テレワークを選択するよう指示します。

微々たる貢献かも知れませんが、温室効果ガスの削減に寄与していきます。

海の豊かさを守ろう

海の豊かさを守ろう

従業員とその家族には、マイボトルの使用を推奨しています。ペットボトルやプラスチックごみを減らすことで、豊かな海の持続に貢献します。

平和と公正をすべての人に

平和と公正をすべての人に

従業員やその家族は、いかなるハラスメントも断固として許さないことを宣言します。

また、コンテンツ制作やSNS等の運用においては、コンプライアンスの遵守はもとより、公正で正確性の高い情報発信を心がけます。

SDGs推進パートナー

当メディアでは、下記の自治体と共に持続可能な社会や街の実現に向けて、協力してSDGsを推進していきます。

 

《あだち×SDGs|足立区SDGs未来都市》

あだちSDGsパートナー登録証

【あだちSDGsパートナー登録証】

賛同団体

ソロ活@自由人は、下記団体の賛同パートナーです。

がん対策推進企業アクション

がん対策推進企業アクション ロゴ

厚生労働省が実施する「がん対策推進企業アクション」の趣旨に賛同し、職場におけるガン対策を実行しています。

働く従業員や家族を守るとともに、事業の発展にもつながる経営課題と捉えて継続して取り組みます。

事業者としての宣言

セキュリティ対策自己宣言(SECURITY ACTION)

当サイトは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が定めるセキュリティ対策自己宣言(SECURITY ACTION)に賛同し、二つ星を宣言しました。

セキュリティ対策自己宣言二つ星ロゴ

ソロ活@自由人(当サイト)は、お客様からお預かりした当サイトの情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下の方針に基づき情報セキュリティに取り組みます。

 

①経営者の責任

当サイトは、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

②運営体制の整備

当サイトは、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置し、情報セキュリティ対策を運営従業員の正式な規則として定めます。

③従業員の取組み

当サイトの従業員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

④法令及び契約上の要求事項の遵守

当サイトは、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。

⑤違反及び事故への対応

当サイトは、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

パートナーシップ構築宣言

内閣府が推進する「パートナーシップ構築宣言」を提出しています。大企業と中小企業が共に成長できる、持続可能な関係を構築するための宣言を、責任ある事業者として実行します。

パートナーシップ構築宣言

※宣言内容はこちらからご確認ただけます。

》パートナーシップ構築宣言:ソロ活@自由人

人権に関する宣言

ソロ活@自由人では、人権に最大限配慮した情報発信に努めます。

《人権に関する宣言》

・私たちは、事業活動において人権尊重の重要性を認識して行動します。

・私たちは、従業員が互いに尊厳と敬意を持って接しあえる職場環境を作ります。

・私たちは、社会規範や企業倫理などの行動規範の遵守を徹底します。

・私たちは、従業員一人ひとりの個性や異なる発想・価値観を尊重します。

・私たちは、多様な人材が能力を十分に発揮し成長できる社会を目指します。

以上の方針を徹底し、人権尊重に重きを置いた事業を展開して行きます。

ベビーファースト運動

ソロ活@自由人は、子供を産みたくなる社会を実現する「ベビーファースト運動」への参加を宣言します。

ベビーファースト運動ロゴ

◎ソロ活@自由人の活動宣言

働き方の提案や商品・サービスのご紹介などの事業活動を通じて、育児を頑張るママパパに寄り添うWebメディアを目指します!

提携企業・メディアパートナー

ソロ活@自由人は、多くの企業様やメディアパートナー様に支えられて運営しております。心より感謝申し上げます。

下記ページにて、提携企業様及びメディアパートナー様をご紹介しておりますので、ぜひ参考になさってください。

 

提携企業・メディア本当に役立つWebサイトをピックアップ【厳選メディアや企業を紹介】

情報発信メディア

ソロ活@自由人が情報を発信している主なメディアです。

ソロ活@自由人の経歴

ソロ活@自由人 感謝です

こんにちは。

ソロ活@自由人と申します!

当サイトへのご訪問に、こころから感謝です。

以下に僕の簡単な経歴まとめました。

《ソロ活@自由人の歴史》
◎東京都大田区で生まれる
◎ほとんど勉強せず、外で遊ぶ活発な子供
◎小学~中学まで野球少年
◎父の仕事の関係で転校を繰り返す
◎高校は地方の進学校にマグレ入学
◎高校2年の時、赤点を連発。留年危機回避のため嫌々勉強を開始。
◎英語は好きだし、何となくカッコいいだろう、という浅はかな理由で、青山学院大学文学部英米文学科へ進学。
◎モダンジャズに出会い夢中になる。ジャズ喫茶&ジャズバーで昼夜を問わずアルバイト。給料は全額バーボンウィスキーとジャズアルバムの購入に消える。
◎3回留年し、計7年で大学を卒業
◎ジャズバーでのバーテンダー経験と、カッコいいだろうという薄い理由(学習能力がない)で、某ホテルチェーンに就職
◎全国料飲サービスコンテストで、最優秀ウェイター賞を獲得し総合優勝
◎日本ソムリエ協会(JSA)認定ソムリエ、HRS認定テーブルマナーマスター講師ほか多数の資格を保有
◎創業以来、史上最年少で総支配人となる(33歳)
◎寝たきりの母が、余命宣告を受け介護離職
◎不動産グループに再就職。ゲストハウス総支配人、総務、人事部長などを歴任
◎投資会社系企業グループへ転職。新規テーマパークのオープンメンバー。飲食事業部長、人事総務部長など。
◎巨大不動産グループ傘下のホテルチェーンへ転職。人事部長。
◎ふたたび介護離職
◎介護、主夫、子育てをしながら、株式トレーダー
◎ライフハックを発信する雑記ブログ、ソロ活@自由人BLOGの執筆開始
◎雑記ブログ、特化ブログなど複数のサイトを運営中

とこんな感じの人生を歩んできた40代男性です。

初めて就職した1社目で、民事再生(倒産)とIPO(新規株式上場)をどちらも経験しました。かなりのレアな経験です...

というより、日本の株式市場の歴史で数社しかありません(僕の知る限りは2社だけ)

倒産してから、自力で復活して上場するのは、相当難しいです。国の援助を受けた場合は別ですけど。だからちょっと調べたら、分かっちゃいますね。

ホテルのマネジメント職や上場企業の人事総務系の職歴が長いので、採用面接をたくさんしてきました。

累計だと3,000名以上(覚えてないのも含めると4,000名かも)の方々を採用面接してます!どこかでお会いしてるかもですね?

そのおかげで《人を見る目》だけは自信があります。変な人を採用して、何度も地獄を見てきましたので...

そんなことで、いわゆる企業戦士だった僕。

勤めた企業が、もれなくスーパーブラック企業だったこともあって、いつも家族は後回し。ひどい夫であり、ひどいパパでした。

僕にとって、最大の転機が介護離職。

2022年2月に亡くなるまで、母はずっと僕を見守り続けてくれました。そして何より大切なことを教えてくれたのです。

《家族の幸せこそ、自分の幸せ》

家庭を顧みなかった僕は、それまで大きな勘違いをしていました。夫として、父親として最も大事なことは、家族の生活を守ることだと。

そのためには、出世して高い収入を得る必要がある。そう信じていたのです。

介護離職は、他にとるべき方法がない、どうにもならない状況での苦渋の選択でした。正直、母を恨んだことも無いとは言えません。

ところが母を介護をしているうちに、かつて経験したことのない感情が芽生えます。そして少しずつ、僕は変わっていきました。

家族といつも一緒の時間。母の笑い声。息子とのお出かけ。妻の安心した、幸せそうな表情。

目の前にある当たり前のことが、実は大きな幸せなのだ!と気づいたのです。

そしてサラリーマンの道を捨てて、家族を最優先にする生き方へと、大きく舵を切りました。

後悔も未練も、1ミリもありません。

この道を確実に歩くことで、家族とともに幸せになります。

ソロ活自由人BLOGの現在と今後

ソロ活@自由人BLOGは、「ライフハック」をテーマにした雑記ブログです。

ライフハックとは、仕事術や生活の知恵のことを指します。仕事や副業またはプライベートな家庭生活のなかで、効率よく立ち回るハウツーを伝えるのが目標です。

AI(人口知能)を使って副業の生産性を上げたり、主婦が豊かで楽に生きられるノウハウなどを発信してます。

テーマがあるとは言え、あまりにも範囲が広く、やはり雑記ブログでしかありません。

ジャンルやターゲットを特化させることで、より効率が上がるのでは?というのが常識なのでしょう、きっと。

マーケティングもしやすいし、検索エンジンにも認めてもらいやすくなり、EEATの評価も上がると思います。

でも僕は、特化ブログにするつもりは全くありません。

理由は、たった一つ。

読者とGoogleが、そう言ってるからです。

はあ?何いってんの!

当サイトで扱う記事のジャンルは、非常に多岐に渡ります。副業と仕事、ブログ、ライフ、サブスクと4つのカテゴリーに分けてますが、実際は30以上のカテゴリーがあるのです。

にも関わらず、平均すると1,000PV/Dayを超えるアクセスを頂けてます。

巨大な企業メディアと互角、または互角以上に検索順位で結果が出てるのです。

とは言えこれまでには、何度も何度も挫折し、心が折れ、特化ブログに変えたい衝動に駆られてきたのも事実。特に、2023年10月のGoogleコアアップデート、ステルスマーケティング規制では、甚大な被害を受けました。

立ち直れないくらいに...

でもピンチになると、決まって不思議なことが起きるのです。

考えもしなかった記事が、突然1位表示になりアクセスが急増したり。

想像もしなかった記事の広告から、商品が次々と売れ始めたり。

記事に感動しました!というDMが届いたり。

こうして救われ続けているうちに、ある思いが僕に芽生えたのです。

雑記ブログは弱いのが常識?

だとしたら《その常識を超えてやる》と。

《目標》

~雑記ブログで天下を獲る~

ソロ活@自由人 あなたの夢が叶いますように

読者のみなさんのお役に少しでも立ち、感謝の気持ちを持ち続けながら、楽しんでいきます!

これからもよろしくお願いします。

\ソロ活@自由人の提携先/

ウェブサイト
https://tips.jp/u/sorokatu2000

SDGsロゴマーク

ソロ活@自由人は持続可能な開発目標
(SDGs)を支援しています