ソロ活@自由人BLOG

AI時代のライフハック辞典

AI Writerとは?【体験レビュー】正しい使い方で2倍速のSEO記事作成!

※本ページはプロモーションが含まれています。

(詳細を表示する▼)
この記事はPR広告、プロモーションを含む記事です。「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
※景品表示法が規制する「広告と知らずに読者がクリックすること」を防ぐために、明確な表記をしております。ご了承ください。


また消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないように、最善の配慮しております。事実を誤認させる表現を避け、虚偽の記載をしません。事実や実体験に基づいた、誠実なコンテンツ製作をしております。
ご安心ください。


万が一問題のある表現がございましたら、お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

AI Writerって
本当に使えるの?

AIライター?
同じ名前のツール
ありすぎでしょ!

その通りです。日本語の発音で「エーアイ・ライター」と読む、その名もズバリな製品が複数存在しています。

まったく別のツールなのに、名前が同じなのです。僕も最初は、ワケが分かりませんでした...

こんなあなたに!

✔「AI Writer」は使えるツールなの?

✔「エーアイ・ライター」は何種ある?

✔「AI Writer」のコスパはどう?

✔「AI Writer」の正しい使い方は?

✔AIの記事はメチャクチャで無理!

✔効率化できるか疑わしいだろ?

このような疑問や悩みを全面解決します。

 

僕の知る限り、「エーアイ・ライター」という名前のAIライティングツールは、下記の4つです。

AI Writer
⇒販売元:ゼロイチスタート
AIライター
⇒販売元:ユーザーローカル
Value AI Writer
⇒販売元:GMO
AI-Writer
⇒販売元:AI Writer Technologies FZ-LLC(ドバイ)

まだあるかも知れませんが、上記の4つを区別できれば十分です。

今回レビューしたのは、上記の一番最初の「AI Writer」(エーアイ・ライター)で間違いありません。

非常にマギらわしく、かつズバリな名前のAIライティングツール。その実力を明らかにします!

さてどうなる?

 

※本ページはプロモーションが含まれています

 

AIライティングツールの「AI Writer」2倍速でSEO記事が書ける使い方

AI Writer(AIライター)の実力は?

AI Writer

結論:AI Writerは、コスパが良く優秀です。

名前がまぎらわしいのは
どうなってんのよ!

名前なんかどうでもいいのです。問題は、本当に役に立つかどうかだけ。コスパが良くて優秀だと分かったので、名前の件は忘れてください。

ただし...

AIライティングツールは、正しく使うことが何よりも大事です。なぜなら、チョット使って上手く行かないと、すぐにヤメちゃう人が多すぎるから。

文章がメチャクチャ
ダメだコリャ...

という人は、何を使っても長続きしません。使い方が悪いだけなのです。

まずは、どう使えば役立つか?自分自身で試すことが大切。僕自身も、自分で使ってみた結果、非常にコスパが良いことに気づけたのです。

 

AIライティングツールは、今まさに群雄割拠の戦国時代。実力のある、使えるツールだけが生き残ることになります。

AI Writerの実力を、順に明らかにしていきましょう。

AI Writer(AIライター)とは?

AI Writerトップページ画面

img:AI Writer

日本国内で初めて、ノーコード(Bubble)の公式開発者試験に合格したSwooo(スゥー)を傘下に持つ企業、ゼロイチスタートが運営するツールがAI Writer(エーアイ・ライター)です。

2023年4月26日にベータ版をリリース。着実にユーザーを獲得し、現在も増え続けています。その後は、9月25日に正式リリース。政府の事業再構築補助金にも採択された期待のツールです。

2023年12月17日現在では、ChatGPTと同じ大規模自然言語モデル、GPT-3.5Turboと最新のGPT-4Turboを併用する形で搭載しています。

大きな特徴としては、非常にシンプルで分かりやすいツールです。それでいて充分な機能性があります。

まずは、検索キーワードを入力するだけでOKです。SEOに特化したキーワード分析機能で、記事タイトル候補を10個も自動生成します。

タイトルを決めると、競合記事をふまえたアウトライン(記事の見出し構成)を、3パターンも自動で抽出。ライバル記事と比べながら、手作業での修正や加筆も可能です。

またSERP(Search Engine Result Page)機能も充実していて、上位表示の難易度や検索ボリューム、競合記事の詳細情報も分かります。

ほんの数分で膨大な学習データから、最大8,000文字程度の記事が仕上がります。

7日間の無料トライアルが好評です。いつでも解約できるので、まずは試してみるのがオススメ!

ウンチクはいいから
試したい人はどうぞ!

 

※超効率的に高品質記事ができる

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重なライバル情報を一瞬で取得>

AI Writerの強み

AI Writerの強み

AI Writerが持つ、AIライティングツールとしての強みを確認しましょう。

*AI Writerの強み*

①記事作成プロセスがシンプル

②2倍速の記事作成速度

③SEOに強い記事が書ける

④タイトルや見出しを手直し可能

⑤記事をAIで自動修正できる

⑥他社より安い利用料金

①記事作成プロセスがシンプル

記事を作成するプロセスが、極めて分かりやすいです。

他社のAIツールだと、めんどくさい入力があったりします。ところがシンプルに、上位表示したい検索キーワード(検索クエリ)を打つだけ。これなら誰でもできます。

あたしでも大丈夫?

はい、絶対に大丈夫です。ググるのと何も変わりません。

AI Writerキーワード入力画面

【AI Writer:キーワード入力画面】

 

上記画像のように、赤い矢印の欄に入力するだけです。あとは勝手に、記事のタイトル候補を10個も提案してくれます。

②2倍速の記事作成速度

人間だけで記事を書いた場合と比べて、半分の時間で終わります。正直に言えば、半分も掛かりません。

僕自身の体感では、30%程度の時間で仕上がります。

③SEOに強い記事が書ける

タイトルや見出しアウトラインの生成に、SERP(Search Engine Result Page)分析機能が付いています。実際の検索結果から競合記事情報を取得するので、SEOに強い記事が自然にでき上がるのです。

下記画面の右半分が、SERP分析の表示画面です。

AI Writer難易度・検索ボリューム表示画面

【AI Writer:難易度・検索ボリューム】

img:Prtimes

何が分かるの?

分かりやすくまとめます。

*SERP分析概要画面で分かること*
・指定したキーワードで上位表示する難易度(1~100)
・直近1年間の月間検索ボリュームの平均値
・検索結果の上位10記事へのリンクと概要(記事の文字数をカウント)

さらに下記画面では、上位記事のアウトライン(階層見出し構成)も分かります。

AI Writer上位表示記事アウトライン表示画面

【AI Writer:アウトライン画面】

img:Prtimes

提案された見出し構成を、上位表示の記事と比較できるのは、極めて有益です。なぜなら、SEO対策で最も重要な作業だから。

僕自身、記事作成の70%の時間を、競合分析に費やしてきました。10記事となると、少なくとも7~8時間は掛かります。

その作業を一瞬で片づけてくれるのですから、ラッキー以外の何物でもありません。

④タイトルや見出しを手直し可能

AI Writerは、自動提案して終わりではありません。自分自身で手直しできます。

例えば、3つのアウトライン候補から、1つを選びきれないことがあるのです。大体は良いけど、何か物足りない感があったりします。

そんな時は、隣の見出し候補や競合記事の見出しをチェックしてください。たいていは、探し物が見つかります。見つけたらコピペして、自分の見出しに追加するだけでOK。

何と楽チン!

⑤記事をAIで自動修正できる

記事ができあがった後、おかしなところや足りないところを、AIで修正することができます。例えば、文章を長くしたり短くしたしたければ、下記のように文章をドラッグしてください。

AI Writer記事修正画面

【AI Writer:記事修正画面】

 

「短くする」「長くする」「要約」のいずれかをクリックすると、AIが数秒で書き換えてくれます。

さらに見出しを追加して、新たに記事本文を書かせることも可能です。

AI Writer本文作成画面

【AI Writer:本文作成画面】

追加したい見出しをドラッグして、「本文作成」をクリックすると、見出しに沿った文章が生成されます。

何と楽勝なんでしょう...

⑥他社より安い利用料金(比較表あり)

AI Writerの利用料金は、他社と比べて安いです。1記事あたりの価格を、主な競合ツールと比べてみましょう。

《AIライティング料金比較》
ツール名 1記事単価 搭載モデル
AI Writer
245円
GPT-3.5
GPT-4Turbo

AIブログくん

278円
不明
Value AI Writer
297円
GPT-3.5
GPT-4
Rakurin
333円
GPT-4Turbo
らいたー君
359円
GPT-4

EmmaTools

384円
不明
SAKUBUN
539円
GPT-4
Transcope
770円
GPT-4

CreativeDrive

1,000円
GPT-4Turbo

※料金は税込・1円未満は四捨五入

※文字数課金の場合は1記事=5,000文字で計算

※各社プランによって1記事単価は上下します

※2023年12月17日現在の内容です。最新情報は各社ホームページで確認ください。

一番やすいじゃん!

もちろん安けりゃ何でもいいワケではありません。でも品質が変わらないなら、安いほうが良いに決まってます。

 

※超効率で高品質記事を自動作成

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重な競合記事情報を一瞬で取得>

AI Writerの弱み

AI Writerの弱み

どんなツールも完璧ではありません。必ず弱点があります。AI Writerの弱みを確認しておきましょう。

*AI Writerの弱み*

①ツール名がまぎらわしい

②知名度が低すぎる

③出力文字数が安定しない

④文章精度にバラツキあり

①ツール名がまぎらわしい

記事の最初に伝えましたが、「AI Writer」と似たようなツール名が多いです。さらに、製品の機能がズバリそのままツール名なので、さらに話をややこしくしてます。

まぎらわしいよ...

率直に言って、名前は変えたほうが良いと個人的には思うのです...。せっかく品質が良いのに、非常にもったない気がしてます。

②知名度が低すぎる

名前のせいかは分かりませんが、認知度が低いです。レビュー記事を探しても数えるほどしかありません。

決して怪しい製品ではなく、中小企業庁のお墨付きまでゲットしてるツール。何ともモッタイない話です。

③出力文字数が安定しない

作業環境にもよると思いますが、出力文字数が不安定なことがあります。見出しの階層によっては、極端に短い章が出現したりとか...。

ただし、この手の現象は、AIライティングツールには付き物なのです。すでに100以上のAIライティングツールを使い倒している僕には、何の驚きもありません。普通に起きることです。

ゲッ!使えね~

などと、AIを使い慣れない人は、さぞ驚くかも知れません。あわてず騒がず、AI修正機能でカバーするだけです。

④文章精度にバラツキあり

文章の精度や仕上がりに、多少のバラツキがあります。これは、AI Writerに限った現象ではありません。GPT言語モデルの全て、または生成AI特有の特徴なのです。

始めから割り切って使わないと、いつまでもAIの恩恵に預かることはできませんよ?

 

※半分の時間で高品質記事ができる

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重なライバル情報を一瞬で取得>

AI Writerを使うときの注意点

AI Writerの注意点

コスパが抜群に良いAI Writerですが、注意しなければならないこともあります。

AIライティング全般に言えることも含まれますが、大事なことなので確認して行きましょう。

*AI Writerの注意点*

①ファクトチェックする

②コピーコンテンツを避けるため、必ず加筆・修正する

③出力精度のバラツキを覚悟する

④著作権に注意する

①ファクトチェックする

生成AIは、膨大な学習データを持っています。だからと言って、いつも正確とは限りません。時には、もっともらしく嘘をつきます。さも事実であるかのようにです。

結局最後には、人間が責任を持ってファクトチェックすることが必須。

②コピーコンテンツを避けるため、必ず加筆・修正する

AIは、常にコピーコンテンツを産みだすリスクがあります。Webの情報は無限に近く、どこでどう重複するか分かりません。

無価値な記事と判定されないように、独自の1次情報や人間らしい感情表現を加えることが必須です。

③出力精度のバラツキを覚悟する

くり返しますが、完璧なAIライティングツールは存在しません。必ず、出力品質にはブレがあります。

一度でも低品質の文章が吐き出されると、使えないツールだと思いがちです。でも、それは間違っています。

AIとは、間違えるものです。常に意識する必要があります。

④著作権に注意する

AIが日進月歩で進化する一方で、世界各国の法整備や規制が追い付いていません。かと言って、明らかに他人が書いた文章を、勝手に使っていいとは思わないでください。

ライター(ブロガー)である以上は、良識を持ちましょう。著作権保護は、プロとしての自覚を持ちたいものです。

 

※超効率で高品質記事ができる

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重なライバル情報を一瞬で取得>

AI Writerの正しい使い方と体験レビュー

AI Writerの使い方

では、AI Writerを使って実際に記事を書いてみましょう。

記事作成の簡単な流れは下記です。

*AI Writer記事作成の流れ*

①無料トライアル申込

②検索キーワード入力

③記事タイトルを決める

④アウトラインを決める

⑤記事を作成する

⑥記事を加筆・修正する

※以下、操作画面の画像引用元:AI Writer

①無料トライアル申込

まずは7日間の無料トライアルに申し込みます。

下記のリンクから、AI Writerのトップページへ入ってください。

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

 

「無料登録」または「無料で始める」をクリックします。

AI Writer会員登録画面

【AI Writer:会員登録画面】

 

上記の画面で「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「利用規約とプライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて、「アカウントを作成する」をクリックします。

AI Writerアカウント情報画面

【AI Writer:会員登録画面】

 

「姓」「名」を入力して、「次に進む」をクリック。

AI Writer無料トライアル画面

【AI Writer:無料トライアル画面】

 

上記の3つのプランは、いずれも7日間無料で試せます。スタンダードプランで20記事作れるので、個人なら充分です。

選択したら「無料トライアルを開始する」をクリックしてください。

決済プラットフォームの世界大手、Stripeの画面に遷移します。

AI Writer決裁画面

【AI Writer:決裁画面】

 

クレジットカード番号など必要事項を入力して、「7日間無料」と表示されていることを確認しましょう。そして、「申し込む」をクリック。

数秒でAI Writerの管理画面(ダッシュボード)に変わります。

AI Writerダッシュボード画面

【AI Writer:ダッシュボード画面】

 

以上で無料トライアルの申込は完了です。

②検索キーワード入力

ダッシュボード画面左の「記事制作」をクリックします。続けて「新規作成」をクリック。指定したいキーワードの入力画面になります。

AI Writerキーワード入力画面

【AI Writer:キーワード入力画面】

 

キーワード欄に、検索キーワードを入力しましょう。上位表示を狙いたいワードを入れるだけです。

続けて、記事がターゲットにする読者のペルソナを入力します。もし、文体や語調のリクエストがあれば(ですます調、など)、併せて入力してください。

僕が入力した内容は下記です。

キーワード=パソコン1台,副業
ターゲット=これから副業を始めたい初心者

入力したら、「作成する」をクリックしましょう。

③記事タイトルを決める

記事タイトルの候補を、10個ほど自動生成してくれます。

AI Writerタイトル編集画面

【AI Writer:タイトル編集画面】

 

実際に提案してくれたタイトル候補は以下です。

1.パソコン1台で始める副業のススメ!初心者向けに徹底解説

2.簡単!パソコン1台で稼ぐ方法!副業初心者におすすめは?

3.初心者でも安心!パソコン1台でできるおすすめ副業集

4.パソコン1台でも稼げる!初心者向け副業攻略法

5.一台のパソコンで収入アップ!初心者向け副業の成功法

6.パソコン1台で副業開始!初心者必見の解説と活用法

7.ネットで収入を得るならパソコン1台が基本!副業初心者の完全攻略法

8.副業デビューに最適!パソコン1台でできる稼ぎ方と成功の秘訣

9.パソコン1台で自宅から副収入を!初心者向けの副業活用術

10パソコン1台で収入アップのチャンス!初心者向け副業に必要なのは?

使えるじゃん!

どれもイジらなくても使えるレベル。素晴らしいです。

さらには画面右に「難易度」「検索ボリューム」「上位記事サイト」「キーワードサジェスト」などが表示されます。

AI Writer競合情報画面

【AI Writer:競合情報画面】

 

必要に応じて参考にしながら、タイトルを選択・修正しましょう。

タイトルを入力したら、画面下の「アウトラインを生成する」をクリックします。

僕が選んで編集したタイトルは下記。

記事タイトル:副業初心者がパソコン1台で稼ぐ!おすすめの方法8選を解説

スゴイ~
楽しみ!

④アウトラインを決める

アウトライン(記事階層見出し構成)は、3つのパターンを提案してくれます。

AI Writer見出し提案画面

【AI Writer:見出し提案画面】

 

提案画面自体がエディターになってます。直接書き直したり、削除・追加したりできるのが便利です。

上位表示記事のアウトラインを参考にしたければ、「アウトライン」のタブをクリックすると下記が出ます。

AI Writer競合アウトライン

【AI Writer:競合情報画面】

 

そして実際に提案された3つから、僕が選んだアウトラインは下記。

副業のメリットとは?

副業とは

副業のメリット

副業のデメリット

 

パソコンを活用した副業方法

フリーランスの仕事

アフィリエイト

ブログ運営

デザインやイラストの販売

テキストのライティング

ウェブ開発

オンライン講座の提供

バーチャルアシスタント

 

副業を始めるための準備とポイント

スキルの整理

適切なソフトウェアやツールの導入

自己プロモーションの方法

時間管理の重要性

 

初心者が副業で稼ぐためのコツ

軌道に乗るまでの辛抱

自己成長とスキルアップの心構え

情報収集と学習の習慣化

ネットワークの築き方


まとめ

この時点で
アタシより上...

だから言ったでしょ?優秀だって。

⑤記事を作成する

見出しを選んで修正が終わったら、画面下の「記事を生成する」をクリックしましょう。数分から5分前後で完成します。下記は、待機画面です。

AI Writer記事作成中画面

【AI Writer:記事作成中画面】

 

記事が完成すると、下記のように自動でエディタに変わります。

AI Writer記事完成画面

【AI Writer:記事作成中画面】

 

記事全文を載せると、トンデモない文字数になるので、導入文と最初の章の始めだけ見てください。

副業初心者がパソコン1台で稼ぐ!おすすめの方法8選を解説

この記事は、副業に興味がある初心者向けの情報を提供しています。パソコンを使って稼ぐことができる8つのおすすめの方法を紹介しています。また、副業のメリットやデメリット、パソコンを活用した具体的な仕事の方法、準備や重要なポイントについても詳しく解説しています。さらに、初心者が稼ぐためのヒントやコツも提供しています。副業を始めたい人にとっては必見の記事です!

 

パソコン1台で副業するメリットとは?

パソコン1台での副業の普及により、時間や場所に制約されずに仕事ができるようになり、柔軟な時間管理が可能になりました。副業による収入も増え、自己成長やキャリアアップにもつながるでしょう。また、インターネットの普及により、仕事の範囲も広がり、自分の得意分野に合わせて仕事を選ぶこともできます。これらのメリットにより、パソコン1台での副業は多くの人にとって魅力のある選択肢となっています。

ボクより上手で
かなりショック...

いやいや使えばいいじゃん...

⑥記事を加筆・修正する

この時点では、記事の完成度は6割程度。まだまだ終わりではありません。

例えば導入文を読むと、語尾で「ます」を4連発してます。これでは使えないので修正しましょう。

手直しでも構いませんが、せっかくのAI機能をフル活用します。

AI Writerリライト画面

【AI Writer:リライト機能画面】

 

上記のように導入文をドラッグして、「長くする」をクリックします。

結果は下記。

この記事では、副業に興味がある初心者の方々に向けて、役立つ情報を提供します。パソコン1台を使って収入を得ることのできる、おすすめの8つの方法をご紹介しましょう。

副業の利点や課題、具体的なパソコン作業の方法、準備や重要なポイントについても解説します。また、初心者が収益を上げるためのヒントやコツも必見です。

副業を検討している方々にとって、見逃せない貴重な記事となることでしょう!

1回で上手く行かない場合もあります。短くしたり長くしたりをくり返すと、いい感じに変わっていくでしょう。

 

続いて「パソコン1台で副業するメリットとは?」の内容が、あまり明確ではないので、もう一度書き直してもらいます。

AI Writerリライト本文作成

【AI Writer:リライト本文作成画面】

 

上記のように、見出し自体をドラッグして「本文作成」をクリックします。

書き直した本文が下記です。

現代のテクノロジーの進化により、パソコン1台さえあれば自宅でも簡単に副業を始めることができるようになりました。そのメリットは多岐にわたります。

まず、時間と場所に制約がないため、仕事をする時間や場所を自由に選ぶことができます。自宅でリラックスしながら作業することも可能です。

また、通勤の必要がないため、交通費や移動時間を節約することができます。

さらに、自分のスキルや興味に応じて仕事を選べるため、やりがいを感じながら働くことができるのです。

加えて、自分のペースで仕事を進めることができるため、ストレスを抱えることなく作業を続けることができます。

これらのメリットにより、パソコン1台で副業することは、多くの人にとって魅力的な選択肢となっているのです。

メリットが前よりも
伝わりやすくなった!

だから言ったじゃないですか?

優秀だって...

 

※超高速で高品質記事ができる

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重なライバル情報を一瞬で取得>

AI Writerの正しい使い方のポイント

AI Writerを実際に体験してみた結果をふまえて、正しく使うポイントをまとめます。

*AI Writerを正しく使うコツ*
✔タイトルや見出しに手を加える
⇒お任せより精度が上がる

✔競合情報を有効に使う
⇒SEOに強い記事ができる

✔完成した記事をリライトする
⇒AIの弱さを人間が補う

上記の3点を意識して使うと、より高品質でSEOに強い記事ができます。

逆に言えば、この手間を惜しむと、余計に時間が掛かることになるのです。しかも、質も落ちていきます。

始めから割り切って、ひと手間を加えましょう。

さっそく試そう

※シンプルな操作で質の高い記事

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重なライバル情報を一瞬で取得>

AI Writerの利用料金

AI Writerには、3つのサブスクプランがあります。

《AI Writer料金プラン》
項目/プラン ベーシック スタンダード プロ
料金
1,900円
4,900円
9,800円
生成記事数
5記事
20記事
60記事
1記事単価
380円
240円
163円
アカウント数
1
1
3
無料トライアル
7日間
7日間
7日間
ユーザー
個人
個人
法人
チーム

※料金は税込

※2023年12月17日現在の内容です。最新情報は公式ホームページで確認してください。

 

くり返しますが、他社との比較で断トツのコストパフォーマンスです。

再度、下記の比較表をご覧ください。

《AIライティング料金比較》
ツール名 1記事単価 搭載モデル
AI Writer
245円
GPT-3.5
GPT-4Turbo

AIブログくん

278円
不明
Value AI Writer
297円
GPT-3.5
GPT-4
Rakurin
333円
GPT-4Turbo
らいたー君
359円
GPT-4

EmmaTools

384円
不明
SAKUBUN
539円
GPT-4
Transcope
770円
GPT-4

CreativeDrive

1,000円
GPT-4Turbo

※料金は税込・1円未満は四捨五入

※文字数課金の場合は1記事=5,000文字で計算

※各社プランによって1記事単価は上下します

※2023年12月17日現在の数値です。最新情報は各社ホームページで確認ください。

1記事単価が
断トツで安い!

 

※競合他社比較で断トツのコスパ

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重なライバル情報を一瞬で取得>

AI Writer(AIライター)の正しい使い方と体験レビューのまとめ

AI Writer

結論:AI Writerは、コスパが良く優秀です。

 

僕は正直に言って、使ってみる前までは、あまり期待してませんでした。価格がとても安いし、知名度はイマイチだし、名前はまぎらわしいし...

でも、何でも使ってみないと、分からないものですね。ここまでの実力とは、本当にビックリしてます。

特に、価格がネックでAIライティングできない人には、ピッタリのツールです。ぜひ無料トライアルを試してください。

機能と価格のバランスに、きっと驚くことになります!

まずは試そう!

 

※競合他社比較で断トツのコスパ

》AI Writerで2倍速のSEO記事作成

<貴重な競合記事情報を一瞬で取得>

 

SDGsロゴマーク

ソロ活@自由人は持続可能な開発目標
(SDGs)を支援しています