ソロ活@自由人

主夫ソムリエの雑記ブログ

SNSをやらない人の特徴10選と理由!やらないメリット5選も解説

ちょっと!
既読スルーやめて!

えっ?LINE...あっ!
気づかなかった...

嘘つけ!
既読になってんだよ!

 

こんなやりとりって

SNSを日常的に使っている人にとっては

あるある?なんでしょうね、きっと。

 

僕も複数のSNSを仕事で使ってます。

仕事で。

 

プライベートのアカウントは

1つも持っていません!

時代に取り残されてるの?

かも知れませんね...

(全く思ってませんけど)

 

でも僕のように、仕事では使うけど

プライベートでは全く使わない!

という人が一定数いるのは事実です。

 

その人達の特徴やSNSをしない理由

そしてSNSをやらないことで得られる

メリットをお話して行きます。

こんな人へ向けて!
  • SNSに疲れた人...
  • スマホ中毒と思われる人
  • SNSに時間を奪われて何も出来なくなってる人

 

SNSをやらない人の特徴と理由!やらないことで得られるメリットとは?

SNSをやらないとむしろ得をする?

SNSをやらない人

結論です。

SNSをやらないと得します!

大丈夫?
時代錯誤してない?

してませんよ!

順に理由を話していきますから。

 

いまや、メタバース(3次元仮想空間)等を

利用した次世代SNSが拡大している最中。

 

誰もがLINEで連絡をとり

Twitterでつぶやいては、

Facebookで情報を取りに行く。

 

PinterestやInstagramで写真やイラスト。

YoutubeやTiktokで動画配信をする。

Voicyで音声発信なんかも。

 

それが当たり前!の世界になりました。

 

SNSをやらない!なんて

時代に逆行している考え

なのかも知れませんね?

 

ではSNSって、どのぐらい使われてる?

をざっくり理解してもらいたいので

資料を見てください。

【2020年度ソーシャルメディア利用率】

年代別ソーシャルメディア利用率表

調査対象年齢:13~69歳

引用元:総務省|情報通信メディア調査

LINEが最強で利用率9割越え!

Youtubeが次点で約85%。

Twitter、Instagramで約42%。

という感じで

何もやってない人は、ほぼいない

という結果だと思います。

 

でも、もう一度言います。

SNSをやらないことは

確実にメリットがある

のです!

SNSをやらない人の10の特徴とやらない理由

SNSをやらない人

SNSをやらない人には、

SNSを日常的に使う人とは異なる

10の特徴が見られます。

 

なぜ、SNSをやらないのか?の

理由も含めて見ていきましょう。

①コミュニケーション能力が高い

対人コミュニケーション能力に長けた人ほど

SNSを使う頻度が少ないです。

 

使わない理由は、とてもシンプルで

必要ないからです!

 

リアルな世界で人との意思疎通が

上手にできる人にとっては、

SNSを使う理由がありません。

 

仕事でも、プライベートでも

会って、顔を見て話せば済みます。

SNSで度々起きる誤解も起きません。

 

コミュニケーション能力が高い人ほど

そのことを良く知っています。

だからSNSは使わないのです!

②リアル世界の信頼や信用を大切にする

人から信頼されることは

一朝一夕で出来ることではありません。

 

まして実体の見えないSNSでのやり取りで

本当の信頼を得ることは

不可能に近く、非常に難しいでしょう。

 

匿名でアカウントを作れる場合は

いかようにでも身分を偽れるのですから。

 

ですから、人の信頼を大切にする人ほど

SNSを使う頻度は低くなります。

③読書好きである

SNSを情報収集のツールに使う人も

多く存在しています。

 

効率的に情報がとれる点においては

たしかに理にかなっていると言えます。

 

ただ情報の精度という点においては

本には決して勝てません。

 

なぜなら本が出版される過程には

必ず複数の人が関わるからです。

万が一、誤った情報を載せれば

筆者はもちろん、出版社も責任を負います。

 

一方でSNSは、たった1人の主観で

情報発信が可能です。

発信者本人以外のフィルターを掛けず

自由に発信できてしまうんです。

 

仮に誤った情報を発信しても

多くのケースでは、よほどのことが無い限り

責任を問われることもありません。

(今後は確実に変わると思います)

 

どこの誰かも分からない人の

主観でしかないかもしれない情報を

うのみにして、失敗した人も多いのでは?

 

読書好きな人は、

正確な情報や知識を得るために

本からインプットしています。

 

だからSNSは不要です!

④テレビや新聞が習慣になってる

テレビや新聞で情報を得る習慣がある人は

SNSをする確率は下がります。

 

社会で起きてる事件や事故

世の中のトレンド等は

もともとは、新聞やラジオ、テレビ等で

発信されてきたものです。

 

長い期間に身に付いた習慣

そう簡単に変えられるものでは

ありませんよね?

 

もっともテレビや新聞の情報が

すべて正確であるとは限りませんが。

 

長年の習慣をなかなか変えられない

または、変える気がない人も

SNSはやらないです。

⑤自分に自信がある

自分に自信がある人は行動力があります。

 

自信があるから迷わないんですね!

だから行動が早い。

でも、その分たくさん失敗します。

 

人より多くの失敗をしてきた人は

行動をしてきた人です!

 

当たり前ですが、行動しなければ

失敗すらできないんですから。

 

でも、失敗が多い人は

何でも自分で考える

何でも自分で決める

という傾向もあります。

 

悪く言い変えれば

人を信頼して頼ろうとか

人の意見を聞こう!とか

ほとんど思っていないんです。

 

良く言えば、自分を信じている

悪く言えば、自分を過信している!

 

だから、SNSを使って

人の意見を参考にしたり

何かを調べて見たり、なんてしないんです!

⑥超しあわせである!

仕事もプライベートも充実していて

幸せに満たされています!

という人がSNSにハマる確率は低いです。

 

SNSをする大きな目的は2つ。

交流と情報収集です!

 

でも、こういってはなんですが

どちらもリアルな世界

充分に実行が可能ですよね?

 

実際のリアルな生活の中で

大切な人との交流や有益な情報収集が出来ていれば

かなりの高確率で、その人は

幸せを感じていると思います。

 

だから必要がないんです、SNSは。

⑦超多忙である

仕事もプライベートも忙しすぎて

物理的にSNSが出来ない人もいます。

 

こういうことを言うと

いや、時間はあるものじゃない!

自分で創り出すものだ~!!!

というお叱りを受けそうですね...

 

まったく正しいですね、普通は。

 

でも普通じゃない人もいるんですよ?

 

48時間連続勤務の救命救急医の人が

8時間の大手術を3回連続施術した後に

お疲れツイートできますか?

 

出来ませんよ、そんなの。

そんなことしてる場合じゃないし

そんなことしたいとも思わないでしょ?

 

この広い世界には

想像すらできない

過酷な環境で生きている人がいるんですから。

 

超多忙で過酷な環境の人は

SNSのことなんて考えもしません!

⑧1つのことに夢中になる

趣味でも、仕事でも、恋愛でも

1つのことに夢中になると

そのこと以外に目が行かなくなる人。

 

あなたの周りにもいますよね?

 

経験のある人も多いと思いますが

たとえば、恋...

 

その人のこと以外、

何も考えられない夢中の状態!

 

他人がどう思おうがどうでもいい!

そんな盲目の状態です。

 

何かに夢中になってる人は

SNSのリプがどうだ?とか

フォロワーの数がどうだ?とか

何の関心も持てないんです。

 

1つのことに没頭する人は

SNSで情報発信!なんて考えたりしません。

⑨SNSをやって心に傷を負った

以前はSNSを使ってたけど

詐欺まがいのDMが来たり

スパムにアカウントを乗っ取られたり

誹謗中傷を受けたりして

心に傷を負い、キッパリとやめた。

 

そんな人もいます。

というよりたくさんいるでしょ?

 

SNSでのトラブル被害は

年々増加の一途。

深く使えば使うほど

リスクは高まっていきますから。

 

僕の仕事用アカウントにも

とんでもないリプライが結構きます。

ここに書けないような酷いのも...

 

深く心に傷を負えば

SNSうんぬんに関わらず

そう簡単には抜け出すことは出来ないですから。

⑩SNSをやりたくても出来ない

理由は様々あると思いますが

そもそもSNSをやりたくても、

出来ない人がいます。

 

ご年配でスマホの操作が分からないとか

身体的な理由で、ボタンを押したり

タッチしたりできない人が...

 

寝たきりで手が動かない人。

先天的に手がない人。

視力がない人。

事故で手足を失った人、等。

 

こういう人が無数に存在していることも

僕たちは決して忘れてはいけません!

SNSをやらない5つのメリット

SNSをやらない人

ではSNSをやらない人の特徴と

やらない理由を踏まえた上で

SNSをやらない5つのメリットを挙げていきます。

①自分の時間ができる

SNSをやらないと自分の時間!

ができます。

へっ?
SNSしてる時間は
自分の時間じゃないの?

はい、そうです。

あなたの時間ではありません!

 

だってSNSって、相手がいるから

成立してるんですよね?

 

たとえ一方的な発信で

ストレス解消が目的だったとしても

1か月間まったく誰の反応も一切なし!

だったら、あなたはSNSを続けますか?

やめる...

でしょ?

 

あなたが返事やリプがなくてもいい!

と思っていても、何がしかの反応を

無意識に求めているんです!

 

本当に求めて無いんだったら

SNSをやる意味がまったく不明ですよ?

ひとり言でも言えば、充分でしょ?

 

SNSを使うということは

相手の反応が欲しいからです。

 

そして

相手もあなたの反応が欲しいんです。

 

つまり

あなたの時間ではない

のです!

 

SNSをやらなければ

LINEの既読スルーにやきもきしたり

ツイートのいいね!の数を気にしたり

Youtubeの視聴回数に一喜一憂したり

する必要がなくなります。

 

スマホでSNSを使っていたつもりが

いつのまにやら、あなたは逆に

SNSに使われているのです!

 

試しにスマホの電源を落として

丸1日すごして見てください。

 

かつて経験したことがないくらいの

大きな解放感を感じますから!

②蘇る想像力

僕が小学生の頃。

 

同級生の中に1人だけ

お家にテレビがない子がいました。

 

決して貧乏で買えなかった訳ではなく

家庭の方針として、テレビを見ない!

ということです。

 

彼は、確かに相当変わりもので

常識外れなタイプでした。

 

当然ですよね?何しろ

テレビを見たことがない

のですから!

 

でも彼は、小学生とは到底思えない

絵の達人でした。

 

6年生の時に描いた1枚の絵は

全国コンクールで1位を獲ったと記憶しています。

 

1つ間違いないことは

テレビを見たことがない彼は

何でも想像する習慣

を持っていたんです。

 

新聞などで事件や事故を知っても

せいぜい1枚の写真と文字情報しかないため

頭の中で視覚的に想像するしかない訳で。

 

僕はSNSも同じだと思っています。

 

多すぎる情報は、文字でも映像でも

人間の想像力を退化させる!と。

 

裏を返せば、SNSをやらなければ

あなたが子供の頃に持っていた

想像力が蘇る!ということです。

③その場を心から楽しめる

SNSをやらないことで

リアルなその場を

心から楽しむこと

ができるようになります!

 

家族と食事に出かけても

仕事の連絡が入ってないか、とか

ママ友からLINEがきて返信しなきゃ!

とかイチイチ気にしなくていいんですよ?

 

彼と2人っきりの時間も

誰からの連絡も来ないんです。

邪魔しようにも方法がありませんので。

最高じゃないですか!

 

電話が掛かって来たって

知らんぷりでいいんです。

 

適当な理由をつけて

後で折り返せばいいだけです。

 

本当に心からゆっくりしたい時は

スマホの電源切っていいんですよ?

 

そう考えると、知らない間に

スマホやSNSが、リアルなその場を

いかに邪魔していたか

がよくわかりますよね!

④人間関係が劇的によくなる

SNSをやらないと

今までスマホで済ませていた事を

行動しないと出来なくなります。

 

単なる連絡であっても

電話をするか、会って伝えるしかありません。

 

裏を返せば、人間が本来もっている

情報伝達の手段を使うことになります。

 

話す会うです!

 

その他大勢の人がSNSで済ますことを

あなたはリアルで伝えるのですから

圧倒的にあなたが勝ちます!

 

情報の信頼性がまったく違うから。

 

仮に同じことを伝えても、

伝わる度合が大きく異なります。

 

そしてSNSでは決して得られない

大きな信頼を獲得できます!

⑤幸せになれる

SNSをやらない最大のメリット。

それは幸せになれること。

 

メリット①~④を振り返ると

その理由が分かります。

 

①自分の時間が出来て

②想像力が蘇って

③その場を心から楽しめて

④人間関係がよくなる

 

どうやっても

幸せですよね!

最後に

SNSをやらない人

SNSはとても便利で効率の良い道具です。

特にビジネスにおいては不可欠。

それは否定しません。

 

でも道具である以上、

使い方を間違えると

大ケガをするリスクがあるのも事実。

 

道具として使っていたつもりが

知らないうちにSNSに道具にされ

あなたが使われるようになっては

本末転倒です。

 

SNSをやらないと情報難民になる!

なんて思い込みは捨てましょう。

 

道具はあくまで手段であり

目的になってはならないのです。

 

気が付いたら

スマホいじって1日が終わった...

なんてことが無いよう、気を付けたいものですね!