ソロ活@自由人

主夫ソムリエの雑記ブログ

人は見かけによらないエピソードを3つ!見た目が9割なんて嘘!

念入りに化粧よ!
今日が勝負!

んっ?さては合コンか?

第一印象がすべて!
勝負メイクよ!!!

 

おおっ!気合が入ってますね?

少しでも見た目を良くしないと!

 

無駄だと思いますけど...

|ω・`)コソ

 

でも頑張ってきて下さい。

健闘を祈ってますからね!

頑張って!(`・ー・´)b

 

人は見た目で9割決まる!と言われる一方で

人は見かけによらない、とも言われます。

 

いったいどっちが正しいんでしょう?

 

こんなあなたへ!
  • 見た目がすべて!と思い込んでる人
  • 外見に自信がないので積極的になれない人
  • 見た目より中身で勝負!と思ってる人

見た目重視!を貫いてきた人にも

外見に自信がなくて引っ込みがちな人にも

お伝えしたいことがあるんです!

 

見た目や外見などからは

想像すらできない

中身を持っていた人

結果を出していた人

または結果を出した人の実例・実話を

僕自身の体験に基づいてお話したいと思います!

 

ソロ活@自由人超略歴

・元ホテル総支配人
・東証プライム上場企業元人事部長
・3,000名超の採用面接官経験有
・HRS認定テーブルマナーマスター講師

 

人は見かけによりません!
真実が分かる3つの実話

人は見かけでは分からない?
本性を知って初めて分かる!

人は見かけによらない

最初に一言。

人は見かけによらないです!

ちょっと!
合コン直前に言わないで!

まあまぁ、まずはメイクに専念してください。

 

そして、人は外見ですべて決まる!

大嘘です!

だからメイク中に言わないでよ!

 

いいえ、声を大にして言います!

人は見かけによりません。

本性を知って初めて分かる

のです!

 

その理由を解説して行きます。

人は見た目が9割に隠れた嘘!
人は見かけによらない理由

人は見かけによらない

人の第一印象は

外見と声で93%決まる

のは事実です!

どっちなのよ!
見かけによらないって
言ったじゃん!

落ち着いてください!
順に解説しますから。

 

人の第一印象は『外見と声で93%決まる』

 

この事実を証明しているのが

メラビアンの法則

という心理学の法則です。

 

メラビアンの法則とは?

人と人がコミュニケーションを図る時

言語情報7%

聴覚情報38%

視覚情報55%という割合で、好意や嫌悪に影響を与えていることを示した心理学上の法則です。

引用サイト:メラビアンの法則の本当の意味|PERSOLグループ

とても簡単に言うと

  1. 聴覚情報38%=口調、声の質、声の大きさ
  2. 視覚情報55%=見た目、しぐさ、視線、表情

の2つを足した38%+55%=93%で

第一印象が決まります!

 

声もなの?
やばい...

いや、だから最後まで聞いてくださいね。

 

僕がいまお伝えしてるのは

あくまでも第一印象の話ですから...

 

たしかに最初の印象は、外見や声で

ほぼ決まってしまいます。

 

でもですよ!あなたは

第一印象だけで結婚できますか?

 

絶対無理!
話さないとダメ!
何度もダマされてるから...

そうですよね?

 

何度も会って話してみないことには

どんな考え方をする人なのか?

どんな価値観を持った人なのか?

自分に合った人なのか?

が分かるはずがないです。

見た目と中身が一緒とは限らないよ!

その通りです!
たまにはいいこと言いますね...

 

もし仮に、何の話もしないで

相手の本性が分かる人がいるとしたら

あなたは超能力者か?化け物か?

人間心理学の神か?

とにかく普通ではない何かです。

そのぐらいあり得ないことです!

 

人に対する第一印象とは

どこまで行っても第一印象でしかなく

人間そのものを表す本性には

なりようがない!ということ。

 

よって、人は見た目が9割!が正しいのは

第一印象限定です。

 

つまり、『見た目がすべて』はです!

 

そしてこの事実は、そっくりそのまま

人は見かけによらない!

に置き換えることができます。

 

人の見かけ=第一印象

でしかなく、その人の中身や人格などを

正確に表すことは出来ないんです!

 

だから

人は見かけによらない

は正しい事実と言えるんです!

 

ということはですよ?

 

相手の第一印象が、

良い場合で考えてみましょう。

 

あなたは、その人とお付き合いしたり

コミュニケーションをとったりして

相手の中身や性格、人格や本性を

よく知ることになりますよね?

 

そして

あなたが感じたその人の第一印象と

その人の本性との間に

ギャップが発生します!

えっ?
そんなヒドイ人だったの...

なんてことは、当然ありますよね!

 

むしろ

第一印象どおりの人だった!

なんてことは、まずありません!

 

でも、逆のパターンはあり得ます。

 

第一印象は最悪だったけど

何か付き合っていくうちに

なんだ?良い人じゃん!

と悪印象が好転するパターンです。

 

ちょっと整理すると、

第一印象が良い場合も

第一印象が悪い場合も

その人の本性と完全に一致することは

まずあり得ません!

 

この第一印象と本性との間に

必ず生まれる『ギャップ』

 

このギャップこそ

人が見かけによらない理由

です!

 

そして、そのギャップが

大きければ大きいほど

あなたの驚きは大きくなります。

 

さらに、人の見かけと本性とのギャップが

トンデモなく大きい場合

においては、一生忘れられないくらいの

大きな衝撃をもたらすのです!

人は見かけによらない
3つの実例

人は見かけによらない

第一印象と本性にギャップがあるから。

 

これが、人が見かけによらない理由です。

 

では、実際に僕自身が体験した

人は見かけによらないのだ!

を痛感した実例を3つ

順にご紹介して行きます。

 

いずれの実例も大きなギャップ

が共通点です!

 

※個人情報保護の観点から、個人が特定されないようにする目的で、職業・業種・業界等を事実と異なる表記とする場合があります。ご了承ください。

①ダサい?
さえない田舎者の貧乏学生

まずは、僕の学生時代の友人の話から。

 

彼はとある地方の出身で

僕の大学時代の同級生。

 

初めて会ったのは、

入学して、まだ間もない時期でした。

 

彼の服装はお世辞にも、オシャレ!

とは程遠く、言葉のなまりも残り

見るからに田舎者、という感じ。

学生ですから、もちろんお金も持ってません。

さらには

イケメン!とはとても言えない顔立ちで

背格好も普通。

 

さえない外見から、僕の友人グループ内で

カエル、というあだ名が付いていました。

 

でも、

話してみると感じのいいヤツなんです!

素朴で、真っすぐで、素直。

良い意味で、純粋無垢。ピュア。

ちょっと見栄っ張りで、負けず嫌い。

誰も勝てないレベルで真面目。

正義感が強くて、完璧主義。

サボるという概念がない...等。

 

そんな彼なんですが、

僕と家が近かったこともあり

彼がバイトで貯めたお金で買った

数千円のボロボロの中古車で

良く一緒に学校へ通いましたっけ...

 

3回に1回しか

エンジンがかからなかったけど...笑

 

友人グループ内では、僕以外とは

あまり交流をしない、というより

ほとんど相手にされずにいるような

影の薄い存在に過ぎませんでした。

 

そして月日は流れ、3回留年した僕を置いて

彼は先に卒業しちゃいました。

 

その後、特に連絡を取り合うことも無く

彼の近況情報は、人材派遣業の

とある大手企業に就職した

というところで途絶えてしまったのです...

 

1度だけ電話を掛けてみたことがあって

元気?久しぶりに飲もうか?

と誘うつもりだったのですが

残念ながら、携帯を変えたのか?

繋がることは2度とありませんでした...

 

そんな彼がいま、

どこで何をしているか?

の結論をお伝えします。

 

東証プライム上場企業の代表取締役です!

(東証プライム=旧東証1部)

 

凄い!なんていう会社?

すみません、これ以上は何も言えません。

彼に迷惑がかかる可能性が高いからです。

なので僕が言えることは1つだけ。

 

誰でも知ってる企業です!

 

そして企業だけではなく

を誰でも知っています!

 

繰り返しますが

誰でもです!

(ほとんど答え...ごめんな彼)

 

これ以上は話せません。

お察しください...

 

もはや僕にとっては夢としか思えない

そんな世界に彼は今いるのです。

 

いまにして思えば

彼の物凄さの片りんに

心当たるところはたくさんあります。

 

彼の良いところや凄いところを

最低でも50点は挙げられます!

 

恐らくですが、僕は彼の本性を知る

ごく限られた人です。

もしかすると僕以外にはいないかも?

 

だって、学生時代ですら

誰にも相手にされなかったんですから。

彼のことですから、ビジネスの相手に

本性をさらけ出す可能性はありません。

 

そして友人の前さえで、

ありのままの彼をだすことも無いです。

そういう人なので。

 

学生時代の

僕を除くすべての友人たちは

彼の外見だけで彼を判断し

第一印象で全てを知った

つもりになり、彼を遠ざけていました。

 

だから僕を除くすべての友人は

(正確には友人とは言えませんが)

今の彼の前人未到の成功

現実に起きた事実として

認識することは出来ないでしょう。

 

でも、僕は全て理解しています!

 

自慢でも何でもなく、

素直に受け入れることが出来ます。

 

だって当時は誰も相手にしてなかった

インターネットの可能性と未来を

彼は既に誰より熱く語っていましたから。

 

※外見だけで人を判断する人は、初対面の時から人を見下した態度のことも...。そんな『上から目線の人』の特徴をまとめました。詳しくは、上から目線の人の特徴5選とその心理!華麗なるスルーで撃退せよ!をご参考に!

②満員電車で異臭を放つ髪極少おじさん?

続いては、真夏の満員電車での出来事。

僕が企業戦士だったときに出会った

おじさんの話です。

 

ある朝、会社に出社するため

僕はすし詰め状態の満員電車にいました。

毎朝のこととは言え、ツラいです!

そして暑い...猛暑日

 

すると偶然前の席が空き、すわれました。

ラッキーです!

 

ところが次の瞬間...

 

恐ろしい異臭が、僕の鼻を刺激しました!

反射的に口と鼻を手で覆いましたが

全く効果はありません!

 

いったい何なの?この臭い?

クサイ!

 

でも異臭の原因はすぐ判明しました。

 

隣のおじさんです!

 

加齢臭?

まったく分かりません!

 

でも1つだけ間違いないことは、

耐え難い異臭である!と言うこと。

もはや吐き気をもよおすレベルです。

 

隣のおじさんに、そっと目をやると

真夏なのに厚手の冬物ジャケットを

着こんでいます...狂ってるのか?

 

そして、よれよれの長袖ワイシャツが

黄色い汗でびっしょり!

(実に鮮やかなイエロー!)

 

さらには、かなり後退した髪の生え際が

とめどなく湧き出る汗で華厳の滝!

世界遺産状態です...

 

このままでは危険!

と判断した僕は、誰かに席を譲って

退散することを決めました。

 

だだし、誰かに席を譲るということは

その譲られた人が同じ目に遭う?

ということ。

罪のない人に災難を押し付ける訳には

いかない!もはやこれまでなのか?

 

いや、何かあるはずだ!

考えろ!考えろ!

と、ふと回りを見渡すと...

 

いました!

マスクをして、顔色が悪く

明らかに体調の悪そうな女性を発見!

(コロナ禍前の話。皆マスクしてません)

 

マスクをしていれば、この異臭も

防げるし、何より体調が悪いのは

間違いないので、親切を装い席を譲ろう

と決めて実行しました!

 

その場を離れられた僕は、ひと安心。

異臭から解放されたのです...良かった。

 

電車を終点で降りた後、席を譲った彼女は

僕の行為に感謝してくれたようで

追いかけてきて

御礼を言ってくれました。

 

いや~

隣のおじさんから逃げたかったので!

とはもちろん言えませんでしたけど。

 

その直後...

 

なんと!隣の異臭おじさんが

僕に向かって近づいて来ます!

へっ?なんで?

おじさんの気分を害さないように

最善の方法を取ったはずなのに、何で?

と僕の頭の中はカオス!

 

隣のおじさんは僕の目の前に立ち

大きな声で怒鳴るように言いました。

 

エライ!君は偉い!

 

僕は声を掛けられたことも驚いたし

何が偉いのか?も理解できずに

あっけに取られて棒立ち状態。

 

すると、隣の異臭おじさんは

何やら黒いワッペン?なのか

エンブレム見たいなものを出して

僕に見せるんです...

 

どこかで見たような?はて...

とワッペンもどきを見つめていると

隣の異臭おじさんが言いました。

 

鉄道警察です!

 

その後、異臭おじさんは流れる汗を

ハンカチで拭いながら僕に伝えました。

 

席を譲る行為があった周辺では

痴漢行為が起きる確率が減ること。

痴漢常習犯を追跡中であったこと。

 

そして誰かと無線で話しながら

その場を足早に去って行きました。

 

今にして思えば、あの出来事は

真夏の季節の猛暑の中で起きたこと。

 

じっとしていても汗がでる暑さの中、

わざわざ厚手の長袖のジャケットを着て

滝のように汗をかいていた理由が

今なら理解できます。

 

万が一にも被疑者に警官だと

気づかれないためだったんでしょうね?

 

無線機やGPS、警棒などの防護具等を

覆い隠すためには、

長袖じゃないと難しいですから。

 

あの日、

異臭おじさんが見せてくれた桜の代紋は、

僕に大切なことを教えてくれたんです。

 

人は見かけによらない、と。

③ホテル宿泊中の普通のおばあちゃん

最後は僕がホテルで働いていたときに

出会った普通のおばあちゃんの話。

 

初めておばあちゃんに会ったのは

僕がまだ見習いウェイターだった頃です。

 

レストランに予約なしで1人で来る

名物おばあちゃんとして

レストランの先輩達の間では有名でした。

 

足が悪く、歳は少なくとも80は超えてる?

と思われましたが、いつも1人でくるんです。

 

先輩たちに詳しく聞いても

どうやら結構なお金持ちらしいよ!

ぐらいの情報しかなく

謎の多いおばあちゃんだったのです。

 

とても優しいおばあちゃんで

見習いだった慣れない僕に

いつも笑顔で話しかけてくれました。

 

そして、こう言うんです。

 

何でも良いから

あなたが選んでくれた物をいただくわ!

と...

 

見習いだった僕にとって

何でもいい!という注文は

正直に言って最高難易度!

 

おばあちゃんの情報を先輩に聞いても

入れ歯で固いものはダメ!

1人前だと全部食べれない!

濃い味のものはダメ!

 

ぐらいの情報しかなくて

いつも思い悩んだ記憶があります...

 

おばあちゃんが来ると

先輩達がなぜか?

オーダーを取りにいかないで逃げるんです。

めんどくさかったんでしょうね、きっと...

 

結局、いつも僕が

お任せオーダーを受ける羽目に!

 

でも、おばあちゃんのおかげで

お客様目線!が自然と

身についたんですけどね!

 

そんなおばあちゃんが、ある年に

僕にお歳暮を贈ってくれたんです!

 

とても嬉しかったですね!

見習いで半人前の若僧ウェイターが

お客様からお歳暮を頂けるなんて

普通じゃ考えられないですから。

 

そしてお歳暮の中には

おばあちゃんではなく

おばあちゃんの息子さんからの手紙が

同封されていました。

 

いつも母がお世話になってます!

みたいな内容でしたね。

 

最後には、息子さんの名前と

会社の名前が書いてありました。

 

『吉川 太郎 ○○不動産』

みたいな感じで。

 

へえ~おばあちゃんの息子さんって

○○不動産で働いてるんだ!

最大手じゃないの?すごいね~

と思ったのを記憶しています。

 

息子さんから年賀状が届くまでは...

 

結論から言うと、年賀状に記載された

息子さんの肩書は、○○不動産の社員などではなくて

 

代表取締役社長!でした...

 

ず~っと後で分かったことですが

おばあちゃん自身も

元々会社を複数を持っていたんだとか。

歳をとったので、めんどくさくなって

人に全部売っちゃった!

って笑ってました。

 

おばあちゃんは笑ってたんですけど

僕は全く笑えませんでした。

だって

とんでもない大企業ばかりですから...

 

世界最大手○○の日本法人とか。

 

普通のおばあちゃんは教えてくれました。

 

人は見かけによらない、と。

本物の大富豪の実生活は

世間が想像するより遥かに質素であること。

 

そして本当に成功できる人は、常に謙虚で

見習いウェイターにすら感謝をして

頭を下げることが出来る人である、と。

人は見かけによらない!のまとめ

人は見かけによらない

ポイントをまとめます。

  • 人は見かけによらない、は本当です!
  • 人が見かけによらない理由は、第一印象と本性にギャップが発生するからです。
  • その人の本性を知って初めて、その人が分かるのです!

社会に初めて出た新入社員の多くは

第一印象が非常に大切である!

という教育を受けます。

 

正しいことであり

何も間違っていないと思います。

 

ただし、良い第一印象にこだわり過ぎて

肝心かなめの中身がおろそかになっては

何の意味も無いのも事実です。

 

外見を整えることも大切です。

でも、もっと大事なことは

人としての人格を磨き

人の本性で相手を魅了できる

人間性ではないでしょうか?

 

最後にもう一度。

人は外見では決まらない!

人は見かけによらないです!