ソロ活@自由人

主夫ソムリエの雑記ブログ

ブラック企業の見分け方!その会社がやばい理由を5つ選んで解説!

セクハラ上司に
悩んでる友達
助けたい...

えっ!
サッサと辞めたら?
そんなブラック企業

上司以外は
優しい人ばっかりなんだって...

 

そうですか...悩ましいですね...

( ˘•ω•˘ ) ナヤムナー

 

僕から、その友達に言えるとしたら

たった1つですかね...

 

その会社。

完全にブラック企業です!

 

上司以外は優しい人ばかり、ですって?

とんでもない大間違いでしょ!

 

上司以外は

見て見ぬふりをする

セクハラを良しとする

自分さえ良ければいい

人ばかり!が正しいです。

こんなあなたへ!
  • 内定をもらったけど入社するか迷ってる(新卒も中途も)
  • いま働いてる会社がブラック企業なのか?正直、分からない
  • 仕事を探してるけどブラック企業だけはイヤ!

 

ブラック企業レベルMAXの企業を

渡り歩き、職場に1ヶ月住んでいた僕から

あなたに伝えたいことがあります。

ソロ活@自由人超略歴

・前職東証プライム上場企業人事部長
・推定生涯残業時間平均250時間超/月
・転職3回/経験4社
・企業人事として採用面接3,000名超

 

ブラック企業は外から分かる?5つのブラックサインを見逃すな!

ブラック企業は入社前に分かります!2つの注意点あり

ブラック企業の見分け方

結論を最初に。

ブラック企業は入社前に分かります!

 

安心してください。

もうダマされないで済むし

悩んでるあなたも決断できます。

 

ただし、2点だけお断りしておきます。

それは、

①ブラック企業!と感じる基準は人により違います!

②ブラック企業でも、幸せな人生を送っている人もいます!

 

この2点は、ご承知おきくださいね!

チョット補足でお話させてもらいます。

①ブラック企業!と感じる基準は人により違います!

『ブラック企業』

と言う公式な定義が存在する!

わけではありません。

 

結局は、その企業で働く人が判断すること。

その会社と何の関係もない人が

『あの会社はブラック企業よ!』

と、どれだけ叫んでみたところで

働いてる人が、何も感じてないことも

ありえますから。

 

裏を返すと

退職者口コミサイトなんかで

ボロクソに書かれて、

誰もが『ブラック企業』と思っている会社。

 

その企業は、実は超ホワイト企業だった!

ということも充分にあり得ます。

 

実際に、僕の友人や元同僚、

知り合いの転職エージェントや

採用面接で知り合った知人などから

実体験として、いくつも聞いてます。

 

退職者口コミなんて

ほとんど当てになりませんよ。

退職者個人のうらみ節が大半ですから。

 

それでも『ブラック企業』って何?

を大体イメージしておきたいので

一般的には、こんな会社のことです。

  • 極端な長時間労働
  • 時間外労働の未払い
  • 劣悪な環境での労働
  • 不合理なノルマを課す
  • 有給休暇が取得できない、または消化できない
  • 社内規定が守られていない
  • 人事評価制度が無い、または運用されない
  • セクシャルハラスメント
  • パワーハラスメント
  • マタハラ・モラハラ等
  • 出産・育児休業規定がない、または運用されない
  • 労務系の裁判で被告になっている
  • 労働契約外の活動を強いる
  • 各種法令に違反している

挙げればキリがないので、

このくらいにしましょう。

 

短く表現するなら

働く人を、人らしく扱わない企業

ということですね。

②ブラック企業でも、幸せな人生を送っている人もいます!

先述したような『ブラック企業』でも

【私の会社はブラックよ!】

と分かっていながら、辞めるつもりもなく

そこで幸せを感じ、定年退職年齢まで

勤めあげる人もいます。

 

これは、他人がとやかく言うことではなく

完全に個人の自由です!

 

そして、ブラック企業で不幸である...

と思いつつ、家族を守るために

自己を犠牲にして、勤めている人もいます。

 

1人として同じ人間は存在せず

すべての人は、個人の自由と

異なる価値観を持っています。

 

なので『ブラック企業』で頑張ってる人を

否定してはいけません!

ブラック企業が入社前に分かってしまう理由

ブラック企業

ブラック企業の見分け方を解説する前に

なんで入社前に分かるの?

という疑問にお答えしたいと思います。

 

簡単にいうと、ブラック企業自身が

悪いことをしている自覚があるからです!

へっ?
自覚してたらやらないんじゃない?

いいえ。

自覚しているから隠すんです!

 

そして隠すから、見つけられるんです。

犯罪者と一緒です。

 

ちょっと想像してください

 

あなたは車の運転中に、よそ見をしていて

なんと!人を轢いてしまいました...

 

でも、轢いてしまった相手は

パッとみたところ、大したけがは

してなさそうです。

 

周囲は、まったく人気のない道路。

誰も見ていないに違いありません。

 

相手は老人で、目が悪いのか?

あなたの方を見ることもせず

車とぶつかった時に打った腰のあたりを

さすっています...

 

あなたは反射的に車のアクセルを踏み

逃げだしてしまいました!

 

おそらく老人は車のナンバーとか

色とか、あなたの顔も見えてない。

 

車についたわずかな傷さえ治せば

捕まることは無いだろう!

 

あなたはそのまま修理工場へ直行。

駐車場でちょっと擦った傷、

ということにして、修理屋さんに

急ぎの修理を依頼しました。

 

老人のケガは、大したことないし

そもそも飛び出して来たのは向こうだ!

私は悪くない!

車の傷さえ直れば、バレることは無い。

これで大丈夫だ...と安心し、

電車に乗って、家に帰りました。

 

さて、あなたはどうなったでしょうか?

 

目撃者もいないし

老人が目が見えなかったとしたら...

捕まらないでしょうかね...

ひき逃げでしょ?
許せないよ...

大丈夫ですよ!

 

結果から言うと

あなたが自宅に着いた時

すでに警察が待機していて

その場で任意同行されて

その後、逮捕されましたから、ちゃんと。

えっ!
なんで???

ある一人のプロフェッショナルが

登場していたことに気づきました?

 

まさか!
老人って元警官?

いや...テレビドラマじゃないんだから...

 

1人のプロとは

修理屋さん!

車の修理を専門とし

数えきれないほどの車の修理をしてきた

プロフェッショナルである職人にとって

傷がついた箇所を見れば一目瞭然。

何によって、その傷が付いたか?など

簡単に分かっちゃいます!

まさか修理屋さんが通報したの?

その通りです!

 

このたとえ話には、2つポイントがあります。

ひき逃げ事件のポイント
  • ①ひき逃げ犯は『私は悪くない!』と言いながら車を修理に出した
    ⇒悪いことをしたと自覚しているので隠そうとした
  • ②車の修理屋にとっては車の傷ついた原因は一目で分かる
    ⇒一般の人には分からなくても、その道のプロには簡単に分かることがある

 

この2つのポイントは、そっくりそのまま

ブラック企業が

入社前に分かってしまう理由の

答えになります!

ブラック企業を見分ける方法5選

ブラック企業

では、ブラック企業を入社前に見分ける

5つの方法を解説して行きます!

 

おさらいですけど、ブラック企業は

悪いことをしている自覚があります。

だから真実を隠そうと

あらゆる手段を講じて

巧妙にダマしてきます。

 

しかし、その手口や手段が

巧妙であればあるほど

その道のプロにとっては、

むしろ見つけやすくなるのです!

 

この事実を念頭において

読み進めてみてくださいね!

①新卒の年収と中途採用の年収のギャップ

企業に入社するかどうか?を決める時

誰でも気になるのが給料。

 

これだけで決める!という人もいる位

とても大切な要素です。

 

新卒の人なら、最初の給与は

もちろんチェックしますよね!

そして、10年頑張って課長になったら

年収はどれくらいなんだろう?

って未来も気になるところ。

 

求人案内には、年収モデルとして

実際に活躍している女性課長!が

満点スマイルしている写真付きで

10年勤続で年収は600万円!

毎日がやりがいの連続で超ハッピー!

みんなと働けるのが待ち遠しい~
LOVE ♡

みたいなのを良く見かけます。

 

一方で中途採用の場合は

基本的には、求人票で確認します。

さすがのブラック企業といえども

ここは偽ることは出来ません。

労働契約書に明記される部分で

偽れば即、違法となりますから。

 

ここで質問です!

新卒の人は、

その会社の中途採用の求人票

見たことあります?

 

中途の人は、

その会社の新卒の会社案内

見たことあります?

見ないよ!
だって関係ないもん

その通りですね!

まったく関係ないですもんね。

普通は、そんなの見ません。

 

でも、僕は必ず見ます、必ず。

新卒資料が手に入らない場合は

お金を払ってでも、探します。

関係ないのに...
お金払うって...

それだけ貴重な情報なんです。

ブラック企業かどうかを判断する上で。

 

僕が見るポイントは、ただ1点。

新卒採用のモデル年収と

中途採用の年収との

ギャップ!

 

多くのブラック企業の場合

当たり前のことですが

中途採用者の離職率は高いです。

ブラック度が高ければ高いほど

離職率は100%に限りなく近づきます。

 

だから中途採用者はブラック企業にとって

辞めさせないことが最重要なんです。

 

ブラックだけど離職させない最善策。

もう、お分かりですよね!

 

相場を遥かに超えていて

新卒採用者の年収モデルと

かけ離れている

高年収が必須!

 

新卒キャリアが課長で600万円なのに

中途採用の課長の年収が800万円なら

ブラック確定!

と思っていいでしょう!

 

中途採用なのに不自然に高い年収は

その世代の社員が、そっくりそのまま

退職してしまったことを意味してます。

 

年収が他社や相場を超えて高いのには

必ず理由があります!

 

そして新卒採用資料に書かれた

年収モデルは、その世代が

その企業に極めて少ないことを隠す

巧妙な罠である可能性があります。

 

新卒採用資料と中途採用資料。

必ず、必ずどちらも見てください!

②女性が活躍する企業であることを執拗に強調する

先ほどモデル年収の話のところで

女性社員がモデルケースとして

登場しました。

 

国家を挙げて女性が活躍できる社会を

積極的に推進しているなかですから

ほとんどの方は、好意的にとらえます。

 

ついでに、

育休取得率90%越え!とか

会社案内に書いてあったら、

女性であれ、男性であれ

おっ!結構社員を大切にしているんだ!

と思いますよね?

 

ハッキリ言います。

危険です!

 

典型的なブラック企業の特色の1つに

女性に異常に甘い

という点があります。

でも女性に優しいなら、女性にとっては良くない?

そうかも知れませんね...

 

もし

ド級のセクハラ

に耐えられるなら、ですけど。

 

ブラック企業が女性に優しいのは

考え方が進んでる!とか

家庭生活への理解がある!とか

そんな高尚な理由ではありません。

 

セクハラの対象

欲しくてたまらないだけです!

 

異常に高い育休取得率には

裏がある可能性があります。

 

本当に女性活躍を推進しているか?

を確かめるために、必ず

役員の女性比率を見てください!

 

全社員の男女比率は

ほとんどの企業が公開していますし

課長等の役職者クラスの女性比率を

公開している企業も結構あります。

 

ですが、そこに真実はありません。

 

本当に見るべきは、その企業の

意思決定が出来る立場

の女性比率です!

 

必要以上に女性の活躍をアピールする会社は

巧妙に実態を隠そうとしている

可能性があります。

 

少なくとも、部長級以上の男女比率を

必ず、確認しましょう!

 

資料に載ってないなら、

面接で遠慮なく聞いてください。

何らかの理由を付けて

面接官が答えないようなら

即アウトです!

③社内イベントや地域貢献活動がやたら多い

月1回の誕生日会!とか

2週間に1回のボランティア活動!とか

をやたらとアピールしてる会社は

疑わしいです!

 

ただし、

本当に社員をねぎらったり

地域への感謝を示すために

実施している企業もあります。

 

ですので、この見極めは

かなり難易度が高くなります。

 

ポイントは、実態として

強制参加なのか?

本当に、任意参加なのか?

にあります。

 

この種のイベントを

業務時間内に実施しているか?

休日や業務時間外に実施しているか?

が判断のポイントです。

 

この手のブラック企業の

経験がない人のために補足します。

 

社内イベントが悪いわけではありません。

ボランティア活動も素晴らしいことです。

 

ですが、これを休日に実施されたら

あなたならどうしますか?

どう思いますか?

 

イベントや地域貢献活動を

休日に実施するということは

プライベートの消失

を意味します。

 

そして、ブラック企業が、

この手の休日イベントを実施する場合

もれなく終日拘束が付いてきます!

 

イベント終了。お疲れ様!解散!

なんてことはあり得ません。

 

当然のように自腹の打ち上げがあり

男性はパワハラ上司の説教。

女性はセクハラ役員の接待。

3次会まで続いて、解散は23時。

翌朝は6時30分集合の清掃活動。

その翌日は通常勤務...

 

耐えられないでしょ?

 

入社前に確認できる方法は2つ。

  1. 退職者口コミを見る(この類の口コミは信用度高し)
  2. 採用面接で参加率を聞く(任意参加です、と答えるに決まってますから数字で吐かせること)

面接時に社外活動について

質問することはリスクではありません。

本当に、意義ある活動をしている

ホワイト企業の面接官なら

『よくぞ聞いてくださいました!』と

嬉しそうに詳細を語ってくれるはず。

 

そうでない反応が返ってきた場合には

強制参加で業務外労働をさせる

ブラック企業の可能性大!

④会社説明会や面接にやたらと役員が出てくる

企業規模の大小を問わず

会社説明会や採用面接に、

いきなり役員が出てくる企業があります。

 

これは

かなり強力なサイン

です!

 

創業者が、いまだに経営トップで

かつワンマン経営体質のブラック企業に

よく見られる傾向です。

 

特に、面接でイキナリ役員の場合は

応募している職位が高かったとしても

(執行役員や部長であっても)

極めてやばいです。

何で?
偉い人が直々にって、嬉しくない?

ちっとも嬉しくないです...

最悪です。

だって、ほぼブラック確定だから。

 

もちろん、従業員10名とかの

小規模企業は別ですよ!

そこは仕方ないです。

物理的に人がいないんですから。

 

なぜ『イキナリ役員面接』がダメなのか?

理由は3つ。

  1. 部下に面接官をされると都合がわるいから
  2. 直ぐ採用しなければならない訳があるから
  3. 役員未満は何の権限もないことを暴露しているから

簡単に補足です。

 

部下に面接官をされると都合が悪いのは

部下が『ブラック企業』であることを

おもらしする可能性があるからです。

 

自分の見ていないところで

『いや~ウチは残業代でないですよ~

それでもいいですか?』

なんて言われたら溜まりませんよね!

万が一にでも、口コミでも書かれたら

自分の首が飛びますから。

 

それに

直ぐ採用しなければならない訳があるんです。

だって、前任者を採用したのも自分だし

結果、辞めちゃって空席作った責任を

オーナー社長に詰められてるんですから。

 

だから、逃げられないような

法外に高い年収

を提示したいんですよね!

だから、部下がいると困るんです。

部下の倍くらいの年収なんで...

 

でも、この役員さん。

悪気はないんですけど

役員未満は何の権限もないことを

応募者に暴露しちゃってるんです。

 

人事担当の人でも

1次面接すらさせてもらえない会社です!

って言ってることに気づいてないんですね。

 

以上のことから、イキナリ役員面接は

前任者がすぐ辞めちゃったよ!という

最強の証明書であり

僕たちブラック企業です!

と公言しているのと同じです!

⑤説明会も面接も精神論ばかり

会社説明会だと良くありますよね?

『私たちのミッション』みたいな。

 

あれ自体が悪いとは思いません。

同じ目標に向けて、団結する目的なら

むしろ絶対必要だと思います。

 

ただし、これも超えてはいけない一線

があるんです!

 

それは

洗脳

です!

どういうこと?

はい。

例えば、会社説明会の冒頭で、

会社のミッションとか社訓とかの意味を

解説して、それから各部署の具体的な業務を

解説していく、みたいな流れは良いですよね!

すごく自然だし、分かりやすいです。

 

でも、仮にですけど、ミッションの説明後

続けて『当社の歴史』『創立の理念』

『求める人物像』最後に『創業者挨拶』

で終了だったら、どうでしょう?

 

もはや企業説明ではなく

『思想解説』ですよね?

 

誤解を恐れずに言えば

『宗教』であり、勧誘行為であり

洗脳じゃないですか!

 

本当に危ないな~と思うのは

こうして文字でお伝えしていると

『ほんとよね!洗脳なんてごめんだわ!』

って思っていただけるんです、が

いざ、その場で参加していると

皆さん気づかないんです!

 

そりゃそうです。

洗脳するために、巧妙に仕掛けられた

なのですから。

長い年月を掛けて作られた仕組みを

そう簡単には見破れません。

 

企業によっては、

心理学のプロに監修させて

本物の映画監督に作らせてる企業もあります。

 

なので普通に聞いてたら、

新卒の学生さんなんか

簡単に応募しちゃいます。

つまり、簡単に洗脳されます。

 

ブラック度合が高ければ高いほど

採用は死活問題です。

だから、お金を掛けます。

自分たちで出来ない時は

採用のプロ集団に委託もします。

 

面接だって同じですよ!

 

雑談が多くて、結局は

精神論ばかりで終わった、とか

面接官が8割方、一方的に話していた

なんて場合はブラック危険度大!

 

でも、内定がでた!なんて時は

ブラック確定ですから辞退することです。

 

新卒、中途に関わらず

精神論ばかりの会社説明や面接は

無意識に洗脳状態になっている可能性有!

 

具体的な業務イメージや

そこで働いている自分の姿を

視覚的に想像できない

そんなときは、

精神的洗脳の状態にある可能性があります。

だって業務の説明も何も、まったく受けて無いんですからイメージしようがないです!

 

一旦、白紙にもどすために

信頼できる友人、家族などに

相談することをおすすめします!

 

それから

面接の時に思い切って聞いてみてください。

『御社のミッションに共感してます!

朝礼で唱和されたりするんですか?』

って。

 

答えによって危険度が分かりますから。

『ええ。毎日、日直に続けて復唱します』

⇒ブラック確率50%

『もちろん。全員で唱和して、

その後、ノートに全文を清書します』

⇒ブラック確率75%

『よく聞いて下さいました!

わが社のミッションが初めて書かれた

歴史から御案内いたしましょう!

さかのぼること、80年。当時は......(続)』

⇒ブラック確率100%!

ブラック企業の見分け方!のまとめ

ブラック企業

では、おさらいしましょう。

まとめ
  • ブラック企業は入社前に分かります!
  • ただし2つだけ注意して欲しいのは
    ①ブラック企業!と感じる基準は人により違うこと
    ②ブラック企業でも、幸せな人生を送っている人もいること
  • ブラック企業が入社前に分かってしまう理由は
    ⇒企業は悪いことをしている自覚があるので隠そうと動くからです。だから逆に見つけやすくなるんです!一般の人には分からなくても、その道のプロには簡単に分かってしまいます!
  • ブラック企業を見分ける方法は5つです。企業が出す5つのブラックサインとは
    ①新卒の年収と中途採用の年収にギャップがある
    ②女性が活躍する企業であることを執拗に強調する
    ③社内イベントや地域貢献活動がやたら多い
    ④会社説明会や面接にやたらと役員が出てくる
    ⑤説明会も面接も精神論ばかり

くり返しになりますが

『ブラック企業』という公式な定義は

存在してません。

 

社会常識に沿った経営なのか?

法令が順守されているのか?

などの様々な観点から、

これまでも議論されてきた問題でもあります。

 

ただ、働く人を、人として扱わず

会社の利益の為なら、何をしてもいい!

なんてことは絶対にあり得ません。

 

企業である以上、利益の追求は不可欠。

でも、その利益を生み出しているのは

結局は働く人なのです。

 

働く人の幸福も、利益と同等に追求する。

 

そんな企業、そんな社会が実現することを祈っています。

 

※ブラック企業と分かっていながら、辞められずに悩んでいる方も多いことと思います。そんなあなたには、40代の転職は地獄で失敗ばかり?内定を導くたった3つの事実とは!がおすすめ!転職したいあなたの背中を押します!