ソロ活@自由人BLOG

AI時代のライフハック辞典

高齢者で離れた親の見守りグッズ&サービス10選【一人暮らしが心配】

※本ページはプロモーションが含まれています。

(詳細を表示する▼)
この記事はPR広告、プロモーションを含む記事です。「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
※景品表示法が規制する「広告と知らずに読者がクリックすること」を防ぐために、明確な表記をしております。ご了承ください。


また消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないように、最善の配慮しております。事実を誤認させる表現を避け、虚偽の記載をしません。事実や実体験に基づいた、誠実なコンテンツ製作をしております。
ご安心ください。


万が一問題のある表現がございましたら、お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

離れて一人暮らしの
お父さんが心配なの!
もう高齢だから...

超高齢化社会を生きる僕たちにとって、とても悩ましい課題ですよね?

年をとった親の一人暮らし。でも子供の通う学校、ママパパの仕事の都合、経済的な事情などで同居ができない!そんな人が多いと思います。

こんなあなたへ!

・高齢で一人暮らしの親が心配...

・離れた親を見守る方法を知りたい

・監視カメラで「見張り」は抵抗がある

・見守られる親のプライバシーは守りたい

・親を見守るグッズ&サービスを知りたい

このような悩みを一気に解決します!

 

僕自身、2022年に母が亡くなるまでの10年間、同居ではなく「近居」で介護と見守りを続けました。現在は父が入退院をくり返し、心臓ペースメーカーが入った状態を見守ってる最中です。

親を見守り続けてきた実体験から、本当に役に立つ、親の見守りグッズ&サービスを厳選して紹介します。

 

少子高齢化は待ったなし。いま関係がない世代の人も、確実にその時がきます。

総務省統計局が作成した、高齢者人口と割合の推移を見てください。

【高齢者人口及び割合の推移】
(1950年~2040年)

高齢者人口及び割合の推移 総務省統計局

img:統計局ホームページ

この統計(2021年以降は推計)から分かるポイントは?

《高齢者人口推移のポイント》

2015年=総人口1億2,709万人、65歳以上3,387万人(総人口の26.6%)

1人の高齢者を3人で支えていた

2040年=総人口1億1,092万人、65歳以上3,921万人(総人口の35.3%)

1人の高齢者を2人で支える!

これは大変だ...

ほんの少し前まで3人でやってたことを、2040年には2人でやることになります。

いまは両親とも健在で元気だから、見守りなんて興味ない!というあなた。20年以内には、高確率で見守りをすることになります。覚悟や準備は必須です。

 

やむを得ない事情はあっても、親は親。苦しみながらあなたを産んで、育ててくれたお母さん。何があってもあなたを守り、養ってくれたお父さん。放っておけるはずがありません。

感謝の気持ちで
親を見守ろう!

 

※本ページはPRプロモーションが含まれている記事です

 

一人暮らしの親が心配!高齢者の見守りグッズ&サービス10選

離れた親を見守るベストな方法とは?

高齢者で離れた親 見守りグッズ&サービス10選

結論:離れた親を見守るベストな方法は

親しだいで変わります!

なんで?

親は僕たち子供を、どんな時だって見守ってくれましたよね?子供の個性を育て、意志を尊重してくれました。

 

だから今度は子供であるあなたが、親の意志を尊重する番です。何よりも親の思いを最優先しましょう。

決して親孝行の押し付けにならないように!

一人暮らしで高齢者の親を見守る方法4選!メリットデメリットは?

一人暮らしで高齢者の親 見守る方法とメリット&デメリット

一人暮らしで離れた親を見守る方法は、大きく分けて4つあります。

①自宅で見守りグッズを利用

②公的サービス(介護保険・障碍者サービス等)

③民間の見守りサービス(介護保険外)

④見守り型住居へ入居

それぞれのメリット・デメリットを、簡単に確認しましょう。

①自宅で見守りグッズを利用

親は自宅で生活し、離れて暮らす家族が見守りグッズを使い、遠距離から見守る方法です。親が一人で家事全般を完結できて、元気であることが前提条件となります。

家族や第三者にも、負担が少ない方法。そして親本人にとっても、最もストレスが少ないやり方です。経済的にも、費用負担が少ないと言えます。

 

ただし、親が一人でいることが多くなるので、何かあったときの対応が遅れがち。緊急事態であっても、誰も気づかないリスクがあります。見守りグッズによっては、誤作動を起こすことも。アラームを聞いて飛んで行ったら、何ともなかった...なんてことが起きます。

《メリット》

・自由に生活できる

・親も見守る家族もストレスがない

・経済的に負担が少なく済む

・健康状態をチェックできるグッズもある

《デメリット》

・1人で生活できる体力・体調なことが条件

・緊急時の対応が遅れがち

・高額なグッズ&サービスもある

・機械が誤作動する場合あり

まだまだ
元気な人向け?

そうですね!または持病はあっても、自分で病院へ行けるぐらいの人向けです。

この見守り方に向いてる親

自宅で1人で生活できて、病院にも一人で行ける

②公的サービス

自宅で1人で生活はできても、やや不自由なことがある場合に適した見守り方です。

①見守りグッズと組み合わせれば、より効果的な見守りができます。

食事や排せつの介助をする身体介護、買い物代行や家事のサポートをする生活援助などが使えることも。ヘルパーが自宅訪問してくれるので、離れた家族も安心。施設(デイサービスなど)に通って、サービスを受ける方法もあります。

介護保険内の公的サービスなので、自己負担も軽いです。

 

ただし要介護認定が必須。そして介護度によって、受けられるサービス・回数も違ってきます。ケアマネージャーとのやりとりもあり、すべてが自由にできるワケではありません。

ヘルパーさんが訪問する時や、通所してる時間以外は1人なので、何らかの方法で見守りが必要です。

《メリット》

・サポートを受けながら1人で生活できる

・公的サービスで家族も安心

・介護保険適用なので費用負担が軽い

《デメリット》

・要介護認定を受けなければならない

・介護度によって利用頻度に制限あり

・1人きりの時間が多い

ちょっと手伝えば
一人暮らしできる人!

この見守り方に向いてる親

サポートがあれば自宅で1人で生活できる人

③民間の見守りサービス

介護保険が適用されない、民間の見守りサービスを利用する手もあります。介護保険と比べて時間の融通がききやすく、サービス内容の選択肢も広いです。急な夜間の付き添いなども、場合によって対応可能。緊急時の駆けつけや通報なども対応してくれます。

 

ただし保険が効かないので、費用はかなりの高額です。また運営会社によって、サービスの質にバラツキがあるのも事実。

《メリット》

・サービスの選択肢が多い

・急な見守り依頼でも融通がきく

・緊急時に対応するサービスもある

《デメリット》

・高額である

・運営会社によってはサービスが悪い場合もある

多少高額でも対価に見合った、またはそれ以上のコスパが高い業者もいます。

何より、信頼できるか?が最重要です。

試しに一度、利用してみるのが良いかも知れません。

この見守り方に向いてる親

サポートがあれば自宅で1人で生活できる人で、かつ経済的余裕のある人

④見守り型住居へ入居

見守りサービス付きの住居へ住んで、任せてしまう方法です。

看護師や介護士が常駐していたり、管理人が毎日安否確認したりしてくれます。離れた家族は手間もなく、時間を割く必要もありません。

 

ただし初期の購入や入居に掛かる費用、月額料金は高額にならざるを得ません。利用できるのは、1部の人に限られると思います。

《メリット》

・何かあっても全てお任せできる

・離れた家族の負担がない

・子供に手間がないので親も気楽

《デメリット》

・高額な費用が必要

お金ないから無理...

という人がほとんどかと。これができるなら、この記事読んでませんよね?

この見守り方に向いてる親

まとまった費用を継続的に出せる人

高齢者の離れた親を見守るグッズ&サービス10選

高齢者の離れた親を見守るグッズ&サービス10選

それでは高齢で、離れて暮らす親を見守るグッズ&サービスを紹介します。

 

くどいようですが、親の意志に反してまで見守るのは間違いです。子供に迷惑を掛けて、うれしく思う親などいません。親と相談しながら、ベストな方法を探してくださいね!

《見守りグッズ&サービス10選》
グッズ

サービス
確認頻度
位置情報
健康情報
通報・訪問
安心度
費用対効果

MANOMAロゴマーク

MANOMA
(マノマ)
リアルタイム
(モニター)
駆けつけ
(オプション)

bitlockアプリ

bitlock
(ビットロック)
施錠・開錠の都度

ミマモルGPS

ミマモルGPS
リアルタイム

TONEモバイル

トーンモバイル
リアルタイム

クラウドケア ロゴマーク

クラウドケア
オーダーメイド

apple watch

Apple Watch
(アップルウォッチ)
リアルタイム
手動&自動通報

auHOMEロゴ

あんしんウォッチャー
(au HOME)
リアルタイム

アイシル

アイシル
リアルタイム
(センサー)
手動&自動通報

関電SOSロゴ

関電SOS
ホームセキュリティ

センサー監視等
駆けつけ

ALSOK

ALSOK
(アルソック)
センサー監視等
駆けつけ

※2024年6月12日時点の情報です。最新情報は各社ホームページでご確認ください。

①MANOMA(マノマ)親の見守りセット

MANOMA親の見守りセット ホームページ画面

img:MANOMA

SONYのスマートホームサービスブランドである、MANOMA(マノマ)。2018年よりサービス提供を開始。IoTの先進技術を駆使し、セキュリティや見守りサービス分野で、着実にシェアを拡大してきました。

他のセキュリティ専門会社と比較すると、高いコストパフォーマンスで群を抜いています。

 

そんなマノマが、離れて暮らす親の見守りに特化した「親の見守りセット」の提供を開始。防犯意識の高まりや、高齢化社会が進行する社会背景もあり、驚くような低価格を実現しています。

《おすすめポイント》

・初月は1,650円税込の特別価格
(2ヶ月目以降は3,278円税込/月)

・親の生活リズムをアプリで確認できる

・アプリで最大7人で見守り可能

・解約違約金なし(設置代行サービス申込の場合は解約料有)

・機器設置や初期設定は無料で代行

・MANOMA解決サポート(通常:月額550円)が無料

・ネット環境が無くても設置可能(別途オプション)

・セコム駆けつけサービスあり(別途申込要)

・エアコンや戸締りを遠隔操作(別途機器購入要)

・室内カメラで親の様子が見れる

・カメラ経由で親と会話できる

えっ!!!
なぜこんなに安いの?

はい。SONYは防犯セキュリティや見守り専門会社ではなく、IoT機器やスマートホームの先進メーカーだからです。

元々は省エネや便利を追求するための技術を、高齢者の見守りに応用したからこその価格だと思います。セキュリティ専門の会社には、ちょっと作れないサービスかと。

 

では「親の見守りセット」のアイテムを確認してみましょう。

《親の見守りセット内容》

①AIホームゲートウェイ✕1

②室内カメラ✕1

③開閉センサー✕2

低価格ということもあり、一人暮らしで離れた親を見守るための、必要最低限の品揃えになってます。ところが、どう考えても、これで充分だと言えます。

その理由を、①と②の内容を確認しながら、詳しく見てみましょう。

①AIホームゲートウェイ

各機器をつなぐ役割があり、家の中心に設置します。異常検知時には、警戒ブザーを発報。

AIフォームゲートウェイ

img:MANOMA

・LTE通信機能を搭載のため工事不要

・スマートスピーカー機能(Amazon Alexa)搭載

・Wi-Fi、Bluetooth、Z-wave通信に対応

・生活に溶け込むソニー独自のデザイン

違和感ない!

面倒な工事が不要で、AIスピーカーは付いてるし、便利なIot機器と繋げることが可能です。インテリアとしても、部屋になじんでます。

続いては室内カメラです。これがスゴイ...

②室内カメラ

部屋や親の様子を、スマホアプリでリアルタイムで見守れます。人感センサーで、不在時の侵入者検知も可能。

室内カメラ

img:MANOMA

・在宅状況や親の様子が分かる

・レンズカバーの自動開閉を設定可能

(親のプライバシーへの配慮もできる)

・暗い所でもクリアにカラー撮影

・スピーカー・マイク機能を搭載。スマホで映像を見ながら、リアルタイムに会話ができる

・人感センサー搭載

・録画データの中から、センサー反応時の録画映像を簡単に再生・確認

もっと詳しく知りたい方は、下記の動画をご覧ください。

www.youtube.com

例えば、離れて暮らす親が電話に出ないと、非常に不安になりますよね?

そんな時こそ、マノマの出番です。映像で無事かどうか、すぐに確認できます。単に疲れて寝てるだけなら安心。もし具合が悪そうなら、スピーカーで話しかけることもできます。

仮に映像で姿が確認できなくても、1時間前の録画映像を確認すれば、ほとんどの場合は解決するでしょう。

たしかに
コレは安心だわ!

③の開閉センサーは玄関やトイレ、冷蔵庫などに付けることができます。すると離れた家族でも、スマホで親の生活リズムが確認できるのです。

チョットした変化でも、いつもと違う兆候を見逃さずに済みます。

特に認知症気味で、徘徊するリスクのある親の場合。夜中に家を出たりしないか心配じゃありませんか?

玄関のドアにセンサーを付けて、不在モードや就寝モードにしておけば、即時にセンサーが感知するので安心です。

 

では「親の見守りセット」設置までの流れを、確認してみましょう。

《セキュリティセット設置までの流れ》

MANOMA(マノマ)「親の見守りセット」より申し込む

注:支払いはクレジットカードのみ

②機器の受取(申込後1週間程度)

③MANOMAアプリを設定

④親の自宅に機器を設置

注:設定が不安な方は、無料の「初期設定代行サービス」をご利用ください。

⑤利用開始

評判もよさそうね!

 

※参考口コミ①

父が亡くなり、実家で独居で暮らす事になった高齢の母の見守りや日々のコミュニケーションのために利用を開始しました。 通話時間を気にすることなく利用できることや、家の中で転倒して怪我をする事がありましたがその様子を記録されていて、対策に活用することが出来ました。50代:男性

引用元:MANOMA

※参考口コミ②

耳が遠く電話に気づかなくても様子を見ることができ、無事を確認できました。 外出時電話しても応答がなかった為、心配になり確認した結果、耳が遠く電話に気付かず居眠りしていた。無事で良かった やれやれ。60代:男性

引用元:MANOMA

ひとつだけ
ご注意ください

MANOMAは、コストも安く見守りサービスとしては極めて優秀です。ただし場合によっては、親を24時間365日、監視することも可能になります。

だからからこそ、「見守り」が「見張り」にならないようにしましょう。親とよ~く話し合うべきだと感じます。認知症で、見張りが必須な場合を除きますが。

くどいようですが、親孝行を押し付けてはいけません。親が不幸に感じるような見張りは、子供の自己満足でしかないのです。

親子が納得したうえで利用するなら、これほど心強いサービスは無いでしょう!

 

※SONYの親の見守りサービス

》離れて住む親を見守るならMANOMA(マノマ)

<解約時の違約金はかかりません>

②bitlock(ビットロック)

www.youtube.com

工事不要で簡単に取り付けできる、サブスク型のスマートロック、bitlock(ビットロック)。初期費用なしで、月額550円税込もしくは年額5,980円税込で導入できます(Amazon超得パッケージ有)。後付けタイプなので、賃貸住宅でもOKです。

これって...
同居用でしょ?
子供見守りにはいいけど...

そうなんです。でも実際に使ってみると、大きな気づきがありました。

離れて暮らす、一人暮らしの親の見守りにピッタリなのです!

《おすすめポイント》

・カギ閉め忘れても安心のオートロック

・サブスク型なので導入しやすい

・本人以外にも合カギを渡せる

・スマホアプリで施錠・開錠履歴が見れる!

難しいことは何もありません。親にはスマートロックとして、普通に使ってもらえばいいのです。そして離れて見守る家族が、スマホアプリをチェックすればいいだけ。

ドアの開け閉めの履歴を見れば、超簡単に安否確認できます!

毎日散歩に出かけたり、買い物に行く人の見守りには最適です。無事に家に帰ったか?離れていても分かります。オートロックで防犯対策も万全。

 

※参考口コミ

スマートロック「bitlock」

便利な機能が盛り沢山ですね!

手ぶらでカギが開けられたりアプリで解錠。

子供が帰宅したことをスマホでチェックもできる❣️

便利なだけじゃなく、家族にとっても安心できるツールですね

引用元:Twitterの口コミより

取付も簡単で、様々なタイプのカギに後付けできます。

【bitlock取付例】

bitlock取付例

img:bitlock MINIの取り付け

安全と安心が
離れていても手に入る!

 

※Amazonなら最初の2年が超得

》bitlock MINI 2年プラン by Amazon

③ミマモルGPS

ミマモルGPS ホームページ画像

img:ミマモルGPS

高齢者や子供の見守り、ペットの追跡、パートナーの素行調査までできる、手のひらサイズのミマモルGPS。離れた親に、小さな端末を身に着けてもらうだけです。家族がスマホで検索すれば、あっという間に居場所が分かります!

《おすすめポイント》

・24~30グラムの超軽量(消しゴム程度)

・ドコモ回線+GPSで高精度

・ZENRIN(ゼンリン)の最新地図を使用

・最短7日間4,980円税込からレンタル可能

・SIMカード内蔵。別途購入必要なし

・3ヶ月以上電池がもつ

・日本全国で利用可能

・年中無休24時間注文受付中

・最速なら翌日に手元に届く

・往復送料無料

3つのプランがあって、用途に応じて選べるのがうれしいですね!

《3つのプランの特徴》

【ミマモルGPSミニ】
⇒コスパに優れた最小・最軽量タイプ
見守るコスパ重視の人向け

 

【ミマモルGPSプロ】
⇒自動で移動履歴を記録
素行・浮気調査向け

 

【ミマモルGPSネクスト】
⇒衛星電波で最高精度
見守る精度重視の人向け

レンタル料は?

《ミマモルGPSレンタル料金》
プラン名
ミニ
プロ
ネクスト
7日間
4,680円
4,980円
6,480円
10日間
4,980円
5,480円
8,480円
15日間
5,480円
7,480円
9,800円
20日間
6,480円
7,980円
11,800円
30日間
7,980円
8,980円
12,800円
45日間
10,800円
12,800円
13,900円
60日間
12,800円
13,800円
14,990円
90日間
15,000円
15,800円
17,800円
180日間
22,800円
24,800円
25,800円
365日間
34,800円
37,800円
39,800円
2年間
53,800円
59,800円
69,800円

※料金は税込

※料金は2024年3月4日時点の内容です。最新情報は公式ホームページでご確認ください。

ちょっと高くない?

ちっとも高くありません。離れて暮らす親を持つ人なら、皆さん分かりますよね?安心と安全が、この程度のレンタル料で手に入るのです。むしろ思い切り安いと感じます!

 

便利な機能も色々ついてます。

例えば、エリア通知機能。地図上で範囲を指定しておくと、そこを出入りしたときに通知がきます。親が自宅から遠出したときに、すぐに知ることが可能。徘徊の防止等に役立ちます。

また衝撃が加えられたときの振動通知機能。転んで衝撃を受けると、知らせてくれます。これなら離れていても、安心できますよね?持ってるだけなので、親も見張られてる感はないです。

短期間でも送料無料でレンタルできます。まずは試してみましょう!

 

※消しゴム程度の超軽量端末

》ミマモルGPSで大切な親を見守る

<親の居場所が高精度で分かる>

④トーンモバイル

www.youtube.com

子供を見守る機能に特化した格安スマホ、トーンモバイル。実は、離れて暮らす親の見守りに必要な機能が、驚くほど揃っているのです!特に、月額308円税込のオプションプラン「TONEファミリー」の機能が見守りに最適。

《TONEファミリーの主な機能》

・AIが行動記録等「あんしんレポート」

・不自然な行動を自動検知・通知してくれる

・居場所を自動で知らせてくれる

・乗り物に乗ったのが分かる

・歩きスマホ警告機能

・家族が遠隔で本人の画面を操作できる

まさに見守りね!

でしょ?これだけの機能があるので、離れた親の見守りにピッタリです。

トーンモバイル 地図画面

【地図画面】

 

さらには「ライフログ」というトーンモバイル専用アプリを使うと、こんなことができます。

《ライフログの主な機能》

・歩数や活動量を自動で記録

・活動量から10大疾病の発生リスクを計測

・ライフログ記録を家族とシェア

トーンモバイル ライフログ画面

【ライフログ画面】

 

離れた親が運動してるのかな?という心配を見える化できます。毎日3,000歩ぐらい歩いてたのに、ここ数日は100歩しかない...体調が悪いのかな?電話してみよう!なんてことができるのです。

 

そもそもトーンモバイルは、スマホが苦手なシニア層が使いやすいように作られてます。たとえば、詐欺の疑いがある着信があると、自動で警告表示してくれるのです。

トーンモバイル 特殊詐欺警告画面

img:トーンモバイル

その他にも、スマホを箱に置くだけで、問題を自動修復したり、電話の無料サポートもあります。

シニアに優しい!

これだけの機能があって、月額1,100円税込でネット使い放題です。

離れて一人暮らしをする親に、初めてスマホを持たせるなら?

トーンモバイル
の1択ですよ!

 

※離れた親にスマホをプレゼント

》トーンモバイルで親を見守る

<親の居場所を自動でお知らせ>

⑤クラウドケア

www.youtube.com

自費訪問介護サービスで急成長中の、クラウドケアです。独自の厳しい基準で選抜された訪問ヘルパーへの評価が高く、柔軟性のある愛あるサービスで知られています。

365日24時間対応で、様々なニーズと適切な人材をマッチングする独自のシステムで、格安な価格を実現しています。

利用者のオーダーメイドに応える対応や、介護保険でカバーできない病院の付き添い、家族の料理・洗濯・掃除にまで対応できる柔軟性が最大の強みです。

夜間の見守りも
もちろん対応!

《おすすめポイント》

①厳しい審査を通った質の高いヘルパー

一人ひとり対面で面接を行い、独自基準で介護技術・経験値・人物像などの項目について、厳しい審査を通った介護ヘルパーが在籍しています。

②365日24時間・直前1時間まで受付

ネットで簡単申し込み可能。すぐに最適な介護ヘルパーを調整して、訪問介護サービスを提供致します。急ぎの場合、最短1時間前まで依頼可能。

③安心・安全・柔軟なサービス

夜間の宿泊付き添いや見守り、その他のオーダーメイドにも対応。万が一の事故に備えて損害保険にも加入しています。

直前1時間前の急ぎの依頼にも24時365日体制で対応。

身の回りのお世話から、付き添い見守りまで、親の状況に合わせてサポートしてくれます。介護保険・医療保険外なので、多少金額は掛かりますが、そのぶん柔軟に対応してくれるのが特徴です。

 

参考までに、サポート料金の目安は下記です。

(東京・埼玉・神奈川・千葉限定)

《サポート料金表》
サービス内容
注文回数
料金
定期依頼
1週間に1回以上
2,750円/時間
定期依頼
2週間に1回
3,080円/時間
スポット依頼
1回だけ
3,300円/時間
直前依頼

希望日時の96時間前
~48時間まで

スポット依頼の20%増し

直前依頼
希望日時の48時間前
~24時間まで

スポット依頼の40%増し

直前依頼
希望日時の24時間前
~1時間まで

スポット依頼の60%増し

※料金は税込

※早朝深夜(22:00~8:00)はスポット依頼の10%増し

※料金は2024年6月12日時点の内容です。最新情報は公式ホームページでご確認ください。

 

実は僕も、母を介護していた頃、お世話になった経験があるのです。おかげ様で、当時は介護に疲れ切っていた父を、温泉に連れて行くことができました。お金には代えられない、価値のあるサービスです。

 

※格安の自費訪問介護なら

》クラウドケアで365日24時間安心サポート

<安心の365日24時間対応>

⑥Apple Watch(アップルウォッチ)

Apple Watch 公式ページ

img:Apple

スマートウォッチの代表格である、Apple Watch(アップルウォッチ)。その多彩すぎる機能のなかに、離れて一人暮らしをする親を見守る機能が、実は満載なのです!

《おすすめポイント》

・転倒や衝突を検知して自動通報&連絡

・服薬アプリ連携で飲み忘れ防止

・自動で脈拍をチェック&アラーム

・ファミリー共有で居場所が分かる

・緊急SOS機能

AppleWatch単独でも、親を守れるほど多機能です。そしてイザというときは、自動で連絡をくれます。場合によっては緊急119番通報まで...

スゴイ...

そのなかでも本当にスゴイと思うのが「転倒検出機能」。どんな機能なのか?詳しく見てみましょう。

転倒検出機能の流れ

1.着用者が転倒

2.Apple Watchが転倒を検出

3.手首を連続して叩いて、警告音を鳴らす

4.画面に「SOS緊急電話」か「大丈夫です」を表示

AppleWatch転倒検知画面

5.着用者の意識がある場合「SOS緊急電話」を押すと自動で通報

※「大丈夫です」を押すと通常モードへ

6.着用者の意識がない場合で、かつどちらの表示も押されず着用者が全く動かないときは1分間待つ

7.1分以内に動いた場合、さらに1分待つ

7.1分間動きがない場合、30秒間カウントダウン開始。

8.30秒間、手首をたたき続ける

9.カウントダウン中、警告音が鳴り周辺の人を呼ぶ。音量は徐々に大きくなる。

10.カウントダウン中に「キャンセル」が押されない場合、119番へ自動通報

11.着用者の転倒が検知されたこと、正確な位置情報を大音声で伝える

12.通報終了後、緊急通報したことを着用者の位置情報を添えて、登録された緊急連絡先へ送信

わたしなら
テンパッて通報むり...

実際に経験すると分かります。119番救急への通報を冷静にできる人は、そう多くありません。誰だって慌ててしまうし、何を言ってるのか?分からなくなるのです。

そんな状況であっても、AppleのAIは冷静沈着。着用者の状態を冷静に観察し、必要ならためらうことなく通報します。本当に頼りがいがありますよね!

 

離れて一人暮らしする親には、入浴する時以外、ずっと着用してもらいましょう。とても軽量なので、慣れれば体の一部になります。外出先はもちろんのこと、家の中で激しく倒れてしまったときも、Apple Watchが助けてくれる可能性が高いです。

 

その他にも、手首の皮膚温の測定機能で自動で皮膚温を記録し、異常なら教えてくれます。手洗いの時間が短いと、もっとよく洗ってくださいと、感染症予防を指導してくれるのです。脈拍が少なかったり多すぎたりするとアラームで知らせ、不整脈から心臓を守ってくれます。突然呼吸が苦しくなり、電話さえできない状態でも、緊急SOSボタンでAIが代わりに救急車を呼んでくれます。

 

起きてしまった緊急事態から、親を救うこと。これから起きるかもしれない異常を知らせて、親の事故を未然に防ぐこと。この2つを両方してくれるApple Watch。

最強の見守りグッズ!

⑦あんしんウォッチャー(au HOME)

www.youtube.com

元気なんだけど、一人で放って置くのはチョット不安...。そんな親や幼い子供の見守りにピッタリな、あんしんウォッチャー。KDDIが提供する、子供や家族の見守りサービス、au HOME(エーユーホーム)の見守りアイテムです。

《おすすめポイント》

・アプリで正確な位置が分かる

・到着・移動アラーム機能

・人口カバー率99.9%のサービスエリア

・大手キャリアの通信安定性

・1回充電で最大1.5ヶ月使用可能

・KDDIの信頼あるサポート体制

・GPS電波が届きにくい地下や屋内もOK

・スマートカメラ、見守りプラグなどオプションあり

子供の見守り
だけじゃないの?

子供と年配の親の見守りは、実際にやることは同じです。子供なら、スマホやGPSデバイスも、教えれば使えます。でも年配の親は、簡単には出来ません。仮に覚えても、すぐに忘れます。

だから、よりシンプルな商品をオススメしてるのです。

【あんしんウォッチャー】

あんしんウォッチャーの寸法

img:au HOME

縦横50mmの正方形で、厚みは18.8mmと手のひらサイズ。子供がランドセルに入れる想定ですので、親の上着のポケット、バッグに収まります。ポケットに入らないなら、ストラップで首に掛けても構いません。

また、端末を持ってる人が、3秒間ボタンを長押しした時だけ通知が来ます。

ここにいるよ!

あんしんウォッチャー ボタン押した時

img:au HOME

言い換えれば、見守られてる人は、見守られてる感がないのです。だって、見守る側から音を出したり、連絡をする機能はありません。

親からしたら、気楽だと思いますよ?少なくとも、スマホを持たせるより、はるかにハードルは低いです。ゆる~く見守りたい人、親にプレッシャーを掛けたくない人に向いてます。

 

親がよく行くスポットを、アプリで設定しておきましょう。病院や近所のスーパー、公民館などに入った時や離れた時に、スマホに通知が届きます。

あんしんウォッチャー移動履歴画面

img:au HOME

移動の履歴もたどれますので、認知症や徘徊の場合は、非常に役立つでしょう。直近1週間まで、さかのぼって見ることも可能です。

 

これだけの高精度で、移動履歴まで確認できて、当の親には見られてる意識はなし。見守りグッズとしては非常に優秀だと言えます。auのスマホじゃないと利用できない!なんてこともありません(auのIDは必要)

お得な2つのプラン

《プラン①長期向け》

・あんしんウォッチャー本体価格11,000円×10%OFF=9,900円税込

《プラン②短期向け》

・あんしんウォッチャー本体価格5,680円×30%OFF=3,975円税込

※割引キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

お試しなら
短期がオススメ!

 

※GPS電波が届きにくい地下にも強い

》あんしんウォッチャーで気楽に見守る

<KDDIの信頼あるサポート体制>

⑧アイシル

www.youtube.com

認知機能の低下を早期発見する機能が付いた、遠隔見守りシステムのアイシル

見守られる親本人が、様々なボタンを押すことで、体調や機能低下の変化に気づくことができます。

《おすすめポイント》

・4種のセンサーで24時間見守り

・カメラ不使用でプライバシーを確保

・薬の飲み忘れアラーム

・認知機能の変化を早期発見できる

・食事管理機能

・高温アラームで熱中症防止

・NHKテレビ体操と連動し運動を促す

・ボケ防止の脳トレ機能付き

・クラウドデータ記録のグラフで見える化

・見守る人はスマホやPCで簡単アクセス

何かスゴクない?

一人暮らしの離れた親のためのシステムなので、見守りに特化した機能ばかりです。

アイシルボタンモジュール

img:アイシル

このボタンを、見守られる親が毎日押すことで、様々な効果が期待できます。

《ボタンモジュールの効果》

お薬ボタン⇒服薬管理

⇒押さないと「お薬のみましたか」と音声メッセージ

ご飯ボタン⇒食事管理

⇒食後時間にボタン点滅。それでも押さないと音声メッセージ

外出ボタン⇒居場所の把握

おはようボタン⇒生活リズムの把握

連絡ボタン⇒登録した家族へ緊急メール

一人暮らしは、どうしても生活リズムが乱れがちです。音声メッセージで規則正しい生活を促してくれるので、頼れる同居人のような感じでしょう。

何時に何のボタンを押したか?すべてクラウドデータに自動記録されます。4か所のセンサーによる活動記録と組み合わせると、様々な変化に気づくことができる仕組み。

 

4か所のセンサーは、カメラではありません。なので「見張られてる」感じはないです。

人感センサー(壁掛けも平置きも可)

⇒設定した時間以上、感知しない場合に異常と判断

ドアセンサー(冷蔵庫・トイレなど)

⇒設定した時間以上、感知しない場合に異常と判断

照度センサー

⇒深夜に点灯時間が継続した場合に異常と判断

温度センサー

⇒高温状態が継続した場合に異常と判断

完璧じゃん!
でも料金高いでしょ?

高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれです。

各プランの利用料を一覧にしてみましょう。

《アイシル料金表》
プラン名
アイシル単体
モバイルルータセット
初期費用
21,780円
39,380円
月額料金
2,178円
3,278円
年額料金
(初期費用なし)
33,000円
(月額2,750円)
55,000円
(月額4,583円)
レンタル初期費用
13,200円
21,780円
レンタル月額料金
3,520円
5,060円
レンタル1年料金
38,720円
(月額3,227円)
55,660円
(月額4,638円)
レンタル2年料金
73,920円
(月額3,080円)
106,260円
(月額4,428円)

※料金は税込

※料金は2024年3月4日時点の内容です。最新情報は公式ホームページでご確認ください。

年額料金がお得!

月額で2,750円です。これで遠くに離れて暮らす親を、安心して見守れます。さらには、毎日音声で話しかけてくれて、認知症の早期発見までしてくれるのです。

いったい何が高いのでしょうか?むしろ安くてビックリです!

 

65歳以上の高齢者の事故の77.1%は、家庭内(住宅内)で起きてます。

参照元:国民生活センター

外に出かけるより家にいることの方が、高齢の親は圧倒的に多いでしょう。アイシルなら、家の中でも常に親を見守り続けてくれます!

 

※認知症早期発見機能付き

》アイシルで離れた親を守る

<親の見守りとボケ防止を両立>

⑨関電SOS ホームセキュリティ

www.youtube.com

関西電力グループの株式会社オプテージが提供する、関電SOSホームセキュリティ。関西エリアの限定サービスです。そのぶん地域密着型のきめ細やかなサービスで、シェアを拡大しています。関西在住の人には、超おすすめです。

サービスご提供エリアはコチラ

 

専門スタッフが自宅を訪問して、防犯ポイントを個別に確認。各家庭の事情に合った、最適なセキュリティプランを提案してくれます。本当に必要なものだけ揃えることができるので、コストパフォーマンスは抜群です。

《おすすめポイント》

・各家庭に合った最適プランを提案

・地域密着だからできる迅速な駆けつけ

・24時間365日の見守り体制

・豊富なオプションメニュー

・高いコストパフォーマンス

・安心の関西電力グループ

見守りに便利な
オプションもあり!

《SOS救急ボタン》

関電SOS救急ボタン

img:救急通報サービス

家庭内での急病・けがなどの緊急時には、24時間365日いつでも「SOS救急ボタン」を押しましょう。自宅内であれば持ち運び自由(サイズ:H109×W55×D24.6)で、家中どこにいても安心です。

 

ボタンを押すと下記の流れで救急対応します。

①即座に監視センターへ救急信号を送信

⇒同居の家族にはコントローラーが警報通知

⇒別居の家族にはメールで緊急通知

②警備員が駆けつけ

③必要なら119番通報

④救急隊が到着

⑤警備員が救急隊に「救急カード」を提示

※救急情報カードとは:契約時に、「かかりつけの病院」や「既往症」、「常用している薬」、「血液型」などの情報を記入。一刻を争う搬送時、警備員が救急隊にスムーズに健康情報の提供ができ、より迅速・適切な救急対応が期待できます。

レンタル月額料金 330円税込
買取料金 14,300円税込

※別途、ホームセキュリティサービス利用料金が必要となります。

 

レンタルの
基本プランはコレ!

《レンタル・ベーシックメニュー》

①コントローラー1個

②SOSパッシブセンサー2個

③SOS非常ボタン1個

④ステッカー

⑤警報メール通知サービス

(3箇所)

⑥遠隔操作機能

関電SOSベーシックメニュー

img:ベーシックメニュー

レンタル月額料金 5,940円税込
初期費用 0円
契約期間 5年

レンタルの月額サブスクなら、初期費用もありません。離れて暮らす親の安心が、この価格で手に入るなら安い買い物です。

そして今なら「2024年冬キャンペーン」実施中!

キャンペーン内容

・レンタルプラン

月額5,940円税込⇒最大6カ月間3,190円税込。

さらに、eo光セット割適応で最大6カ月間1,100円税込を割引(月額2,090円税込)

※JCBカードなし

※キャンペーン期間:2024年3月31日まで

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

関電SOSのホームセキュリティをおトクに始められる、この機会をお見逃しなく!

ビックリ!

 

※まずは資料請求してみよう

》関電SOSホームセキュリティの詳細へ

<無料見積もり承り中>

⑩ALSOK(アルソック)

ALSOK ホームページ画面

img:高齢者見守りサービス|HOME ALSOK

その名を知らない人はいないでしょう。綜合警備保障株式会社ALSOK(アルソック)です。創業50年以上の歴史があり、国内最大級の警備拠点数を持つ。その実績と信頼で、ホームセキュリティ市場でも、大きなシェアを獲得しています。

見守りに特化した高齢者向けの「みまもりサポート」を展開中です。

《おすすめポイント》

・Wi-Fi不要の簡単設置

・高齢者向けのシンプルな端末

・緊急ボタンで警備員が駆けつけ

・相談ボタンで看護師にいつでも相談できる

・ペンダント型端末を追加可能

・火災・ガス検知オプションあり

あのALSOK?
スゴイ安心~

防犯や見守りのプロ集団ですから、本当に安心ですよね!

気になる料金は?

《お買い上げプランの場合》

月額費用 1,870円税込~

※初期費用として、機器費+設置費が別途掛かります。

※機器の個数、建物構造、設置状況により金額は異なります。

レンタルプラン、ゼロスタートプランなど多彩なプランがあります。

詳しくは資料請求して
確認しよう!

 

※Wi-Fi不要の簡単設置

》ALSOKに詳しい資料を無料請求する

<高齢者向けのシンプルな端末>

一人暮らしの親が心配!高齢者の見守りグッズ&サービス10選のまとめ

高齢者で離れた親 見守りグッズ&サービス10選

離れていても
いろいろ方法はあるね!

高齢者の親を見守るグッズ&サービスの一覧です。

《見守りグッズ&サービス10選》
グッズ

サービス
確認頻度
位置情報
健康情報
通報・訪問
安心度
費用対効果

MANOMAロゴマーク

MANOMA
(マノマ)
リアルタイム
(モニター)
駆けつけ
(オプション)

bitlockアプリ

bitlock
(ビットロック)
施錠・開錠の都度

ミマモルGPS

ミマモルGPS
リアルタイム

TONEモバイル

トーンモバイル
リアルタイム

クラウドケア ロゴマーク

クラウドケア
オーダーメイド

apple watch

Apple Watch
(アップルウォッチ)
リアルタイム
手動&自動通報

auHOMEロゴ

あんしんウォッチャー
(au HOME)
リアルタイム

アイシル

アイシル
リアルタイム
(センサー)
手動&自動通報

関電SOSロゴ

関電SOS
ホームセキュリティ

センサー監視等
駆けつけ

ALSOK

ALSOK
(アルソック)
センサー監視等
駆けつけ

※2024年6月12日時点の情報です。最新情報は各社ホームページでご確認ください。

 

くり返しになります。

 

離れた親を見守るベストな方法は

親しだいで変わります!

何よりも親の思いを最優先しましょう。

 

親が自分自身で家事をしたり、趣味を楽しんだりしたい思いを、邪魔するようなことがあってはいけません。

見守るつもりが「見張り」にならないよう、気を付けたいものですね!

 

SDGsロゴマーク

ソロ活@自由人は持続可能な開発目標
(SDGs)を支援しています

SECURITY ACTION普及賛同企業ロゴマーク