ソロ活@自由人

雑記ブログの限界を突破する

シングルマザーの子連れ再婚は難しい?子供の年齢関係なし!最後はあなた!

シングルマザーの子連れ婚
無理なのかな...

《シンママ心の声》

仕事も家事も、ギリギリで精一杯!恋愛や再婚なんて考えられない...

そもそもバツイチ子持ちじゃ、男性に相手にされないでしょ?

もしいい人がいても、子供がいるから...やっぱ無理!

そう思ってるシングルマザーが多いのが、実情だと思います。

 

こんなシングルマザーへ!

・モテないから再婚をあきらめてる
(´・ω・`)ショボーン

・パートナーはいるけど再婚に踏み切れない
。゚・(>Д<)・゚。ガマン

・子供の年齢を考えて様子を見てる
(9`・ω・)9頑張リマス.+゚*。:゚+

・本当は恋愛や再婚がしたい...

このような悩みを全面解決します!

 

実は僕、結婚には浅からぬ縁があるのです。

ソロ活@自由人とは
  • 2,000組超の結婚式を担当
  • 現在も約200組のご夫婦と交流
  • 僕の妻は元ウエディングプランナー

シングルマザーだから...という理由だけで、人生に制限をかけているあなたへ。

今すぐお伝えしたいことがあります!

 

シングルマザーの再婚は難しくない!子供の年齢よりあなたの意志!

シンママ再婚難しい説は思い込み!

シングルマザーの再婚 きっかけはあなた

最初にはっきりさせておきます。

 

シングルマザーが再婚に不利なんて

あなたの

思い込みです!

 

人は生きていれば、色々なことが起きます。

何の事情も抱えずに、1度も失敗することなく幸せな人生を送った人...

そんな人は存在しません!

 

でもシンママのみなさんが、恋愛や再婚に臆病になってしまう気持ち。

痛いほどよく分かります!

そもそも、そんなことを考える余裕は全くないかも知れませんね?

 

朝から晩まで生活のために働く。

完全ワンオペ家事で疲労困憊。

子供に全身全霊で愛情を注ぐ。

働けど働けど苦しい懐事情。

貯金なんて夢のまた夢...

 

恋愛だと?再婚だと?

世の中そんな甘いもんじゃないよ!

というお怒りの声が聞こえます...

 

仮に多少の時間や精神的余裕があって、好きな人が出来たとしてもです。

バツイチ子持ちのワタシじゃ、相手にされない...と思ってしまいますよね?

仕方のないことかも知れません...

 

でも最後まで聞いて欲しいんです。

あなたがバツイチだろうが、あなたが子連れだろうが、絶対に変わらないものもあります!

 

それはあなた自身の

人としての
魅力!

離婚したこと、あなたに子供がいることは、あなたの単なる属性にすぎません。

 

にも関わらず

あなたは重大な勘違いをしてます。

『属性』があなたの価値を下げている!と。

 

これからあなたの人としての魅力。

人としての『価値』が、ミジンコほどにも変化していないことを証明して行きます!

統計が証明!実はシンママはイケてる?

シングルマザーがイケてる理由

ではシンママ再婚難しい説を、否定する証拠をお見せしていきます。

 

まずはこの統計を見てください。

資料①『結婚・離婚・再婚件数の年次推移』

結婚・離婚・再婚件数の年次推移

引用元:内閣府男女共同参画局

このグラフから分かることは?

・年間(2019年)離婚60万件:結婚21万件
⇒『3組に1組の割合で離婚している』

・結婚件数は年々減少しているが
⇒『再婚件数は増加・高止まり傾向』にある

ということですよね!

 

簡単に言い換えると

バツイチなんて当たり前!

離婚して再婚する人
増えてます!

 

続いての資料です。

資料②『再婚カップルの割合』

再婚カップルの割合

引用元:内閣府男女共同参画局

この資料からは?

結婚したカップルのうち、少なくとも26.7%は夫か妻のどちらかが再婚だった

つまり4組に1組以上は再婚カップル。

再婚カップル多いね!

 

さらにコチラの資料。

資料③『離婚から5年以内に再婚した割合』

各年に離婚した人が平成27年までに再婚した割合

引用元:人口動態統計特殊報告|厚生労働省

この表から読み取れることは?

・男性の方が再婚率が高い

・20~40歳は、30%前後の確率で5年以内に再婚する
(平成23年)

・50歳以上でも、10%以上5年以内に再婚する
(平成23年)

5年以内に再婚してる割合。あなたが思っていたよりも、ずっと多いと思いませんか?

でも男性の方が
再婚率高いって
女性は不利ってこと?

いいえ違います!

相手がいないと再婚できないんですから、女性の売り手市場!ってことです。

でもさあ~
女性=シングルマザーとは限らなくない?

おっと!めずらしく良いところに気が付きましたね!

 

その通りで、女性=子連れとは限りません。

でも残念ながら公式(政府機関)な資料で、シングルマザーの再婚率の統計は無いのです...

でも推測はできます!

 

ちょっとコチラを見てください。

資料④『親が離婚した未成年の子』

親が離婚した未成年の子の数

引用元:内閣府男女共同参画局

『親が離婚した子の数』をみると、2000年をピークに高止まりしてます。

これまでに見て来た資料の中の、何かの数と似てませんか?

離婚件数!

正解!

資料①『結婚・離婚・再婚件数の年次推移』と、資料④『親が離婚した未成年の子』を比較すると、ほぼ同じ推移ですよね!

 

そうすると資料①から、こんな推論が成り立ちます。

・離婚件数推移=親が離婚した子の数の推移
子供がいても離婚する割合は不変

・離婚件数が増える=再婚件数が増える
→子供がいても再婚する割合は不変

こう考えるのが、ごく自然ですよね!

間違ってますか?

合ってるよ!

ということは、シンママもシンパパも、再婚率は変わらないんですよ!

 

さらに言えば、資料①から分かることがあります。

離婚数の年次減少率に対して、再婚数の年次減少率が低いですよね?

シングルマザー(シングルファザー)が再婚してなかったら、こんな数字になり得ないです!

 

日本政府機関の公式統計から、分かることを整理します。

統計から分かること
  • バツイチなんて当たり前!
  • 離婚して再婚する人は増加中
  • 5年以内に再婚してる人が以外と多い
  • 再婚マーケットは女性の売り手市場!
  • 子供がいても再婚する割合は変わらない

シンママの再婚が難しいと言われる理由5選

シングルマザー 再婚が難しい理由

統計の数字から、シングルマザーは再婚に不利だとする常識に、まったく根拠がないことが分かりました。

にもかかわらず、なぜ?シンママ再婚できない説がまかり通っているんでしょうか?

その5つの理由を見ていきましょう。

 

最初に伝えておきます。理由のほとんどは、世間一般の人、またはあなたの『思い込み』です!

①男性から敬遠されてしまう

あなたはきっと、

バツイチの子持ちなんて...

と思ってますよね?

男性に敬遠されてしまう、と自信がないんじゃありませんか?

 

そう思うのも仕方がありません...

世の男性には、様々な価値観の人がいます。

過去のことにこだわる人も、少なからずいるのは事実ですから。

 

結婚相談所や結婚仲介エージェント等が実施する、男性のアンケート結果でよく見かけます。

『子連れバツイチ』は、結婚対象外が80%以上!みたいな。確かに事実でしょうね、きっと。

 

過去にこだわってしまう人にとっては、あなたが知らない誰かの妻だったことは受け入れがたいでしょう。

あなたの子供が他人の子であることも、耐えられないことです。

②相手の家族が反対する

あなたは相手の家族に反対される、と心配していませんか?

確かにその心配。よく分かります。

特に相手のご両親にとっては、あなたの子供は他人の子供。かわいい孫を期待していたのに、イキナリ他人の子を孫として可愛がれ!と言われても無理です。

 

子を持つ親であるシングルマザーなら、親の気持ちは良~く分かります。

だから、なおさら心配になるでしょう。

③子供がなつかない

子供が再婚相手になついたり、仲良くしてくれるかも心配です。

 

子供にとっては知らない人と、突然親子になるワケで。イキナリお父さんだよ!って言われても無理...

 

万が一、相性が悪かったら最悪です。

一緒に居たくないと言い出すことも、無いとは言えません。

思春期や年頃の子供だったら、なおさら気になります。

 

多くのシンママが、最も悩むこと。

子供との相性と子供の年齢

 

再婚するかどうかを決断する時の、最も重要なポイントなのです。

④忙しくて余裕がない

シングルマザーで余裕を持って暮らしている人は、ほぼいません。

収入を得るための仕事と、子育てを含めた家事と、全てワンオペだからです。

 

生活を成り立たせるための仕事は、片手間で出来るはずもなく、拘束時間は長くなります。

そして残された僅かな時間で、育児と家事の全てをこなさなければなりません。

 

経済的にも時間的にも、余裕など一切ないのが現実。

恋愛や再婚は、したいと思ってはいても、後回しにするしかないのです。

⑤過去のトラウマがある

シングルマザーは、何らかの理由で離婚、または未婚です。

その理由は人それぞれですが、思い出したくない人もいます。

《思い出したくない離婚理由》

・モラハラ

・DV

・不倫・浮気

・子供への虐待

このような理由で離婚・未婚の場合、過去のトラウマとして脳裏に焼き付いてます。そう簡単に忘れることなど出来ません。

 

男性を信じることが難しい場合もあります。

そんなシンママが、生活のためにと無理して再婚すると、良くない結果が待ってるかも知れません。

シンママが子連れ再婚するために取るべき方法5選

シングルマザー 再婚するために取るべき方法

5つの理由を見てると、なんだかどれも重要です。

解決できないのでは?とさえ思えてきます...

 

でも、あらかじめお伝えした通り。

5つの理由は全て、あなたの『思い込み』です。

 

どうか忘れないでください。

 

再婚のきっかけは、子供の年齢とか、男性の都合によりません。

きっかけはあなた自身です!

 

それでは順に、シンママが取るべき行動5選を見ていきましょう。

①過去にこだわる相手は捨てる!

あなたはたしかに離婚してます。

そして確かに子供がいます。

 

でもですよ!

だから何なの?

大切なことなのでもう一度。

 

あなたは重大な勘違いをしてます。

 

離婚したことや子供がいることは、あなたの単なる『属性』であって、『人間性』には一切無関係です!

あなたの人としての魅力は、何ら変わってません。むしろ様々な経験を積んだり、子供を産み、育てていることによって輝きを増してさえいるのです!

 

あなたの魅力を、『人間性』を見てくれる人を探すだけのこと。

再婚だろうが再再婚だろうが、結婚は結婚です。

 

子供がいる。

離婚している。

それが理由で交際を断られたって?

いいじゃないですか?

そんな男と結婚したって不幸になるだけです!

 

お金持ちじゃないから。

学歴がないから。

美人じゃないから。

イケメンじゃないから。

が理由で断られるのと何も変わりません!

 

子連れ女性は、結婚対象外の男性が80%越え?

だからなんだって言うんでしょう!

 

20%はOKなんです。あなたと相性が合う、可能性のある男性が5人に1人。

初婚の人と

全く変わらない確率です!

 

結婚相談所などの仲介マーケットは、ビジネス。儲けてナンボの世界です。

だから自分たちの商売に、都合が良いデータしか出しません。そして印象を創り上げます。

そんなものに、何の意味もありませんよ!

 

何度でも言います。

属性が合わないから結婚しないのです。

再婚できないのではありません!

 

再度言い変えて伝えます。

好みが合わないから結婚しない!

それだけのことなのです。

 

再婚をするしないは、あなたが決めること。

決して出来る出来ない、ではありません。

きっかけは常にあなた自身です!

②自分の過去を受け入れる

あなた自身の過去を、まずはあなた自身が受け入れましょう。

過去は事実であり、今さら書き換えることは出来ません。不可能です。

 

事実をありのまま受け入れること。

そこがあなたのスタートです。

 

何らかの理由で離婚したこと。

離婚理由に傷つき、トラウマになってること。

前の夫との間に子供が生まれたこと。

全て変えられない過去であり、今の現実です。

 

ですが...

 

たとえ変えられない事実でも、あなたが変えられることがあります。

 

過去への向き合い方です!

 

過去を忘れる必要などありません。

むしろキチンと記憶しておきましょう。

 

そして過去を受け入れるのです。

今の現実を受け止めてください。

 

そして事実と向き合うのです!

 

そのスタートラインに立つことができれば、再婚へ踏み出すきっかけとなります。

そして必ず現れるでしょう。

あなたの過去を、丸ごと受け入れる男性が。

 

③親の反対であきらめる程度ならやめる!

初婚だろうが再婚だろうが、親が100%もろ手をあげて大賛成、なんてありません。

表向きは賛成でも、何かしら心配になるのです。親とは、そういうもの。

 

子を持つ親なら、冷静に考えればすぐ分かるはずですよ?

親は子供が心配な生き物です!

 

たとえ相手が誰であろうと関係なし。

初婚だろうが、再再再婚だろうが、反対する親はどうやっても反対します。

 

親が反対したくらいであきらめるような結婚なら、サッサと別れた方がいいんじゃないですか?

再婚だ、子連れだ、以前の問題です。

 

つまり愛してないんですよ、その人を。

そして愛されてないんですよ、その人に。

 

だって本気で愛してたら、何がどうあっても結婚しませんか?

違うの?

子供のことだって同じこと。

あなたの子供と本気で向き合う我が子の姿を見て、何も感じない親(おじいちゃん、おばあちゃんになる人)なんていないんですよ!

たとえ血の繋がりが無くたって、我が子が心から大切に思ってる子を、憎たらしく思う親はいません。

 

もし相手の親が何も感じないとしたら、それは親の問題じゃないです。

あなたと、あなたの相手の本気が足りないだけ。

つまり愛が足りないわけですから、再婚しない方がいいと思いますよ。

④子供の年齢のせいにしない

子供は子供、まだ大人じゃないです。

未熟な子供と慣れない男性が、イキナリ仲良くなるなんてありません。

幻想です、それ。

 

ちょっと思い出してみてください。

あなた自身が子供だった時のことを...

 

パパやママと完璧な親子関係でしたか?

いつでも仲良く、何の問題もない、常にしあわせな家庭でしたか?

親と子が深く理解しあって、幸せに暮らしていましたか?

 

少なくとも僕は、そんな親子を見たことがありません。

 

ケンカして口を聞かなかったり、

ささいなことでぶつかったり、

子供が反抗心から、家出の真似事をしてみたり...

 

そんな日々を積み重ねて、少しずつ分かり合っていく。強い絆で結ばれていく。

親子って、そういうものだと思います。

 

血のつながりがあっても無くても、お互い人間なのです。本当に分かり合って信頼しあえる家族になるには、長い時間が必要。

 

一緒に同じ空間で過ごすこと。

数えきれないほどの会話。

時には本気でぶつかりあうこと。

 

絶対に必要なことなんです。最初から上手くいくなんてありません。

あなたを本気で愛してくれる男性なら、どれほど時間が掛かろうが頑張ってくれます。

そして必ず、子供と信頼しあう時が来ます!

 

あなたは、その時を待つことです。

その人を本気で愛しているなら、必ず出来ます。

⑤親子関係に固執しない

そもそもの話をします。

 

あなたが再婚したい男性は、父親になる必要ってあるんでしょうか?

再婚すれば、戸籍上の肩書は父親です。社会的にも保護者になります。

 

でも2人の関係自体は、『友達』『仲良し』『親友』じゃダメなんでしょうか?

親子や家族の在り方に、常識はあってもルールはありません。

100あれば、100通りの親子関係があっていいはずです。

 

信頼できる大好きな存在になれたら、それで充分なのでは?

名前だけで信頼のない父親より、ず~っと素敵な存在だと思いますけど。

 

たとえば欧米では、ステップ・ファミリー(参照:コトバンク)(子連れ再婚家庭)に対する理解が、日本と比べて深いです。

シングルマザーと再婚した継父は、下記を実践するケースが多いと聞きます。

《継父が子供に実践すること》

・直接叱らない(実母が叱る)

・ホメるのは直接する

・名前で呼び合う(パパ、お父さんは不可)

・実父と会う機会を与える

・子供のペースに合わせる

無理して父親になろうとせず、信頼関係をゆっくり築いていく方法です。

いいかも!

くり返します。

親子関係や父親像に、ルールなんてありません。

あるのは常識と世間体だけ。

他人にどう思われるかより、あなたの愛する子供がどう思うかが最優先です。

 

親子関係に固執するのは、もうやめましょう。

愛する我が子の、大好きな親友が、あなたの再婚パートナーだったら?

想像しただけでワクワクします!

 

※シンママも含めて、いい奥さんになる人の特徴をまとめました。愛される奥さんになる方法も解説してます。詳しくは、いい奥さんになる人の特徴16選!アタリ嫁は逃しちゃダメ【外見不要】をご覧ください!

シングルマザーの子連れ再婚は難しい?のまとめ

シングルマザー子連れ再婚 難しいのか?

簡単にまとめます。

まとめ
  • シングルマザーが再婚に不利!は思い込みです。
  • シンママが再婚できることを、政府機関の統計データが証明しています。
  • 統計結果から分かったことは?
    →バツイチなんて当たり前!
    →離婚して再婚する人は増加中
    →5年以内に再婚してる人が以外と多い
    →再婚マーケットは女性の売り手市場!
    →子供がいても再婚する割合は変わらない
  • シンママの再婚が難しいと言われる理由5選とは?
    ①男性から敬遠されてしまう
    ②相手の家族が反対する
    ③子供がなつかない
    ④忙しくて余裕がない
    ⑤過去のトラウマがある
  • シンママが子連れ再婚するために取るべき方法5選
    ①過去にこだわる相手は捨てる!
    ②自分の過去を受け入れる
    ③親の反対であきらめる程度ならやめる!
    ④子供の年齢のせいにしない
    ⑤親子関係に固執しない

くり返します。

あなたがシングルマザーであることは、単なる『属性』です。

あなたの『人間性』とは、何の関係もありません!

高い経験値を誇りにして、プライドを持って生きて行ってください。

幸せになってね!

あなたは魅力的な人です。

そして子供にとっては、たったひとりの代わりのいない存在。

大好きなママであることを忘れないでね!

 

僕が結婚式を担当させていただいた、

とある新郎新婦

(当時お二人とも40代後半・子連れ再婚)に教えて頂いた言葉を贈ります...

 

恋愛とは、すべてを求めること

結婚とは、すべてを受け入れること

 

残念ながらお二人とも、御病気で亡くなられてしまいました...

もうお会いすることも叶いません。

でも、息子さんにお会いした際に、お二人とも最後まで『最高の人生だった』とおっしゃっていたと伺いました。

今は亡き尊敬する御夫妻に、心からの感謝を込めて、この記事を捧げます!

 

最後にお知らせ!

結婚業界のプロである僕から、ちょっとだけアドバイスです。

再婚したいけど
相手がいない...

というシンママのために、安心安全に再婚相手を探す、簡単3ステップをご紹介します。

完全無料で信頼できる、上場企業サービスのみ。

安心して試してみてください!

《シンママの再婚3ステップ》

①あなたの婚活市場での偏差値を知る

》無料の婚活EQ診断はこちら♪

※タメニー株式会社提供

 

②成婚率実績業界No.1の相談所を知る

》成婚率No.1エージェントへ無料資料請求

※パートナーエージェント提供

 

③あなたに合う仲介サービスを調査する

》結婚相談所比較ネットで無料資料請求

※株式会社じげん提供

シンママ需要のマーケットを、しっかりと持っている上場企業が安心で、成婚率も高いです。

ただし僕の業界経験から、『結婚相談所』はイキナリ登録すると、ほぼ失敗します。

焦りは禁物です。ご自身の目で、内容を確かめることが必須。

 

みなさん登録者数が多いところを選びがちですが、シンママ需要のないところに登録しても、時間とお金の無駄です(登録料だけでも高額なので)

あなたに合いそうなサービスを、無料で比較してから、慎重に選ぶことをオススメします。資料請求や問い合わせは、どれだけ使い倒しても無料です。使いまくりましょう!

 

注:結婚相談所には、ほとんど全ての個人情報を預けることになります。セキュリティの強さや社会的な信用度は、実は超重要です。上場企業と非上場企業を比較すると、個人情報保護に掛ける時間と手間が大きく違います。極力、上場企業のサービスを選ぶのがオススメです。