ソロ活@自由人

主夫ソムリエの雑記ブログ

前澤友作がお金配りをやめない理由!寄付の心理を幸福度で解明!

前澤さんのkifutown
ダウンロードした!

あっ!
宇宙お金贈りアプリ?
寄付する金ないけど...

はぁ?
もらうだけに
決まってんでしょ!

 

ほう!

もらう側でも登録できるんですね!

だから宇宙からお金配りしたとき

すごい話題になったんですね?

 

ではさっそく...
ԅ(¯﹃¯ԅ)ニヒヒ

 

やだ...
欲望まるだしじゃん...

 

ところで、すごい話題になってますね!

前澤さんの『kifutown』寄付タウン。

 

あいかわらず、賛否両論で

いろいろな意見があるようですが......

 

ところで人は

なぜ寄付するのでしょうか?

 

前澤友作さんはなぜ

kifutownを作ったり、批判されても

お金配り(寄付)をやめないんでしょう?

 

Amazonのジェフ・べゾスはなぜ

年間1兆円も寄付するんでしょう?

 

あなたはなぜ

募金箱をみると、つい小銭を

入れてしまいたくなるんでしょう?

 

あなたの疑問『なんで寄付するの?』

誰でも分かるように5分間で解説します!

 

この記事で分かること

・前澤友作がお金配りする理由
・なぜ寄付をする?の理由

 

前澤友作がお金を配る理由は自分のため!寄付の心理とは?

寄付は人のため!じゃなく自分のためにする?

前澤友作がお金を配るその理由とは

最初に結論です。

 

前澤友作さんがお金配りをやめない理由は

自分の幸せのためです!

 

そして前澤さんに限らず、寄付行為は

自分の幸せのためにします!

えっっ!!!
人のためにするんじゃないの?

違います!

 

正確に言うと

最初のきっかけは人のためですが

最終的には自分のためにします!

よくわかんない~
難しい...

はい!では簡潔に解説していきます。

寄付をすると幸福度が上がるから!

前澤友作お金配り自分のため

寄付をする理由が自分のためである!

その理由とは?

寄付をすると

幸福感が高まるから!です。

 

寄付は「世のため人のため」を

をきっかけとして、寄付をした本人に

心理的・身体的な良い影響を及ぼす行為。

 

「自分のため」を証明するために

世界で様々な実証的な研究が

行われて来ました。

 

結果、寄付行為に代表される

「他人のための行動をすること」は

「本人の幸福感を高めること」

につながる、と実証されています。

 

2つの実証実験の結果を見てください。

 

まずは1つ目の実験から。

証明する実験①

実験者:Dunn et al.(2008)

実験内容:被験者に5~20ドルのお金を分配し、被験者をランダムに2つの群に割り当て、一方の群には「自分自身のため」に、他方の群には「他者のため」に、分配されたすべてのお金を当日中に使いきるように指示した。

実験結果

お金を使い切ったあと、変化を調べたところ、「自分自身のため」に使うよう指示された群よりも、「他者のため」に使うよう指示された群で、より大きな幸福感の上昇が確認された。

 

参考サイト:寄付がもたらす幸福|髙宮 咲妃|第一生命経済研究所

お金を自分じゃなくて他人に使ったほうが幸せを感じた!ってことね?

その通りです!

 

続いて、

証明する実験②

実験者Dunn et al.(2010)

実験内容:「独裁者ゲーム」

大学生の被験者50名を2人1組のペアに分けた。まずペアのうち1人に実験報酬として10ドルを渡す。受け取った1人は「独裁者」役となり、ペア相手のもう一人に対して

10ドルのうち何ドル(0~10ドルの範囲)を分け与えるかを独断で決めることができる。「独裁者」は10ドルすべてを自分のものにしてもかまわない。ゆえに、ペア相手に金銭を分け与える行為は「寄付」に相当すると考えられる。

実験結果:「独裁者ゲーム」の前後で「独裁者」役の被験者の感情の変化とストレス度合いを示す唾液中のコルチゾール量の変化を調べた。すると、ペア相手への「寄付」を出し惜しみした人ほどネガティブな感情が強くストレスを感じており、逆にペア相手に分けた額が大きい者ほどポジティブになり、低ストレスであることがわかった。

この実験から、他者へ寛大に寄付することは心理的に良い作用、すなわち幸福感を得られ、ストレス軽減ひいては健康の向上につながる可能性があることが示唆されている。

 

参考サイト:寄付がもたらす幸福|髙宮 咲妃|第一生命経済研究所

寄付行為は心も体も満たされるってことだね!

その通り。幸福度があがるんですよ!

 

2つの実験結果から分かる

寄付行為で得られる効果とは?

寄付行為の効果
  • ①人のためにお金を使うと自分のために使うより幸せを感じる!
  • ②寄付をすると心も身体も満たされ幸福度があがる!

ということがわかりますよね!

寄付する人は自分の幸せなんて意識してないと思うけど?

たしかにそうですよね!

 

多くの人は『人のため』と思って

最初は寄付を始めると思います。

 

それを証明する調査データを見てみましょう。

人のために寄付をすること!
が結果として自分の幸せに繋がる

寄付は自分の幸せ

ここで寄付をしたことがある人が

寄付をした理由

のアンケート結果をみてみましょう。

(複数回答可)

【寄付理由アンケート結果】
『平成28年度市民の社会貢献に関する実態調査報告書』より

 寄付理由アンケート調査グラフ

引用元:寄附理由|内閣府NPOホームページ

アンケート結果の寄付理由を

①人のため

②自分のため

の2つに分けてみます!

 

寄付理由の2分類
  • ①人のため⇒計108.2%
    ・社会の役に立ちたいと思ったから
    →59.4%
    ・町内会・自治会の活動の一環として
    →33%
    ・職場の取り組みの一環として
    →12.7%
    ・知人や同僚などからのススメ
    →3.1%
  • ②自分のため⇒計24.7%
    ・自分や家族が関係している活動への支援
    →13.2%
    ・所得税が軽減される制度があるから
    →5.7%
    ・自分が抱えている社会問題の解決に必要だから
    →5.1%
    ・社会的に評価されるため
    →0.7%
  • ③その他⇒19.5%

※アンケートは複数回答可のため合計が100%を超えます。

 

この結果から分かる重要ポイントは?

寄付をする理由が

①自分のため=1とすると

②人のため=約4.4であることです!

 

つまり自分のために寄付してる!

という人の4.4倍の人が

人のために寄付してるってことです。

ほらね!
寄付は人のためにしてるじゃん?

いや、だから...

さっき言ったでしょう?

 

もう一度繰り返しますよ!

 

他人のための行動をすることは

本人の幸福感を高めることにつながる

実証されています!って。

忘れてた...

 

寄付理由はそれぞれ違います。

自分のため!がキッカケの人もいるし

他人のため!がキッカケの人もいます。

 

たとえ人のためがキッカケでも

結果として

自分が幸せになれる!

なんて最高じゃないですか?

 

最初は自分の幸せなんて

まったく意識してない寄付理由もあります。

でも、必ず結果として

自分の幸せとして返ってくる。

 

だから、その幸せを1度体験した人は

くり返し寄付をする

ようになるんです!

 

それが前澤友作さんです!

 

どんなに批判されようが

お金配りをやめない理由

自分が幸せだからです!

前澤友作がお金を配る理由は自分のため!のまとめ

寄付は自分の幸せ

では、まとめます。

まとめ
  • 前澤友作さんがお金配りをやめない理由は、自分の幸せのため!だからです。
  • 前澤さんに限らず寄付する人は自分の幸せのためにします!
  • 寄付をすると幸福度が上がるからです。
  • 2つの実証実験から証明された2つの事実とは
    ①人のためにお金を使うと自分のために使うより幸せを感じる!
    ②寄付をすると心も身体も満たされ幸福度があがる!
  • 寄付する理由のアンケート調査結果から、人のために寄付をする人は、自分のために寄付をする人の4.4倍います。
  • 寄付するキッカケが人のためでも、結果として自分の幸せに繋がるのです。
  • 人のために寄付をして、結果として自分が幸せになる体験をした人はくり返し寄付をするようになります。
    それが前澤友作さんです!

あなたは『他人のため』ではなく

『自分のため』に寄付行為が

行われることを知りました。

 

くり返し寄付をする人に向かって

偽善だとか、売名行為だ!とか

言っても無意味なことがご理解頂けたと思います。

 

だって始めから

自分の幸せのため

に寄付してるんですから...

 

前澤さん御本人がツイッターで明言しています。

お金贈りを続けてきた理由の一つに、お金を贈ることで、相手を救っているようで、実は自分も救われていると。

いまならあなたも分かるはずです。

 

宇宙からわざわざお金贈りをした

お金配りおじさんの気持ちが。

 

そして僕はこう思うんです。

 

前澤友作さんの真の目的は

寄付文化の普及

なんだと。

 

寄付をされた人も寄付をした人も

どちらも幸せになれる寄付文化を

日本に浸透させることを夢見ている。

 

そう思えてなりません...

もちろん、真実は本人にしか分かりませんが。